Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

グループウェア「Zimbra」に初期パスワード流出のおそれ

Synacorが開発を手がけ、ウェブメールやカレンダー機能などを提供するグループウェア「Zimbra Collaboration」のオープンソース版において、ユーザーの初期パスワードが漏洩するおそれがある脆弱性が指摘されている。

「Zimbra Collaboration Open Source Edition 8.8.15」において、「syslog」で利用する「UDP 514番ポート」を開放していると、ユーザー作成後に生成される初期パスワードを平文で参照できる脆弱性「CVE-2022-32294」が指摘されているもの。

同脆弱性を発見した研究者は、6月にZimbraへ報告したとしている。Zimbraでは同月、「同8.8.15 Patch 32」をリリースしているが、同脆弱性については言及しておらず、修正状況は不明。

米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」では、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを「9.8」、重要度を4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングしている。

(Security NEXT - 2022/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Cisco、セキュリティアドバイザリ9件を公開 - 「Blast-RADIUS」の影響も
「Cisco SSM」に深刻な脆弱性 - 攻撃者によりパスワード変更可能
「Magento」「VMware vCenter」など脆弱性3件の悪用を確認 - 米当局が注意喚起
「Apache HTTPD」が今月3度目のセキュリティアップデート
SonicWallのVPN関連で複数の脆弱性 - アップデートが公開
「Apache HugeGraph」の深刻な脆弱性を狙うアクセスが増加
「Java SE」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
Ivantiがアドバイザリを公開 - エンドポイント管理製品などに脆弱性
「Apache Airflow」に脆弱性 - アップデートが公開
Cisco製メールセキュリティ製品に添付ファイルで攻撃できる深刻な脆弱性