Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アクセス管理「keycloak」のトークン交換機能に脆弱性 - 権限昇格のおそれ

アイデンティティやアクセスの管理機能を提供するオープンソースソフトウェア「keycloak」に脆弱性が明らかとなった。開発者は脆弱性の影響を中程度としているが、米政府では深刻な脆弱性と評価している。

同ソフトウェアにおいて、権限昇格の脆弱性「CVE-2022-1245」が明らかとなったもの。認証の欠如により、有効なアクセストークンを保持するクライアントアプリケーションが標的とする任意のクライアントのIDをわたすことでトークンを交換し、同クライアントのアクセス権限を取得することが可能だという。

開発チームでは、4月にリリースした「同18.0.0」以降で同脆弱性を修正済みとしており、脆弱性の重要度を「中(Moderate)」とレーティングしている。

一方米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」では、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを「9.8」と評価。重要度を4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングしており、利用者へ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Apache CloudStack」のSAML認証プラグインに深刻な脆弱性
F5、8月のセキュリティパッチを公開 - 「BIG-IP」などの脆弱性に対処
スモールビジネス向けCisco製ルータに深刻な脆弱性 - 遠隔よりコードを実行されるおそれ
「Cloudflare Zero Trust」にセキュリティ機能バイパスのおそれ
機密情報管理のHashiCorp製「Vault」に脆弱性 - データ消失のおそれ
Google、「Chrome 104」をリリース - セキュリティに関する27件の修正を実施
VMwareのID管理製品に再び深刻な脆弱性 - 早急に更新の実施を
「GnuTLS」に脆弱性 - アップデートがリリース
ニンテンドーのWi-Fiアダプタに2件の脆弱性 - 利用中止を
「Samba」に複数の脆弱性 - ドメインを乗っ取られるおそれも