Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アクセス管理「keycloak」のトークン交換機能に脆弱性 - 権限昇格のおそれ

アイデンティティやアクセスの管理機能を提供するオープンソースソフトウェア「keycloak」に脆弱性が明らかとなった。開発者は脆弱性の影響を中程度としているが、米政府では深刻な脆弱性と評価している。

同ソフトウェアにおいて、権限昇格の脆弱性「CVE-2022-1245」が明らかとなったもの。認証の欠如により、有効なアクセストークンを保持するクライアントアプリケーションが標的とする任意のクライアントのIDをわたすことでトークンを交換し、同クライアントのアクセス権限を取得することが可能だという。

開発チームでは、4月にリリースした「同18.0.0」以降で同脆弱性を修正済みとしており、脆弱性の重要度を「中(Moderate)」とレーティングしている。

一方米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」では、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを「9.8」と評価。重要度を4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングしており、利用者へ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Cisco、セキュリティアドバイザリ9件を公開 - 「Blast-RADIUS」の影響も
「Cisco SSM」に深刻な脆弱性 - 攻撃者によりパスワード変更可能
「Magento」「VMware vCenter」など脆弱性3件の悪用を確認 - 米当局が注意喚起
「Apache HTTPD」が今月3度目のセキュリティアップデート
SonicWallのVPN関連で複数の脆弱性 - アップデートが公開
「Apache HugeGraph」の深刻な脆弱性を狙うアクセスが増加
「Java SE」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
Ivantiがアドバイザリを公開 - エンドポイント管理製品などに脆弱性
「Apache Airflow」に脆弱性 - アップデートが公開
Cisco製メールセキュリティ製品に添付ファイルで攻撃できる深刻な脆弱性