Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報含む伝票綴り39冊が所在不明に - 京都中央信金

京都中央信用金庫は、白梅町支店において、顧客情報が記載された一部伝票綴りの所在がわからなくなっていることを明らかにした。

同金庫によれば、6月14日に同支店において書類の整理作業を行っていた際、伝票綴りを収納した段ボール箱1箱を紛失していることが判明したもの。

問題の段ボール箱には、2021年4月1日から5月31日にかけて扱った入出金伝票や為替伝票などをまとめた綴り39冊が入っていた。3757件の取り引きが記録されており、個人の顧客1255件と法人顧客322件に関する名義、住所、電話番号、生年月日、口座番号、取引金額などが記載されている。

同金庫では、店舗の移転準備作業を行った際、廃棄する段ボール箱とともに誤って溶解処分した可能性が高いと説明。不正利用などの問い合わせなどは寄せられていないとしている。

(Security NEXT - 2022/07/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

前年に廃棄したつもりの労災事故書類、公園で見つかる - 宮城労働局
未発送のローン残高通知ハガキ、従業員が処理に困り裁断 - 東山口信金
2店舗で本人確認資料などを紛失 - 佐原信金
公文書680件を誤廃棄、大半は審査会意見聴取前に - 三重県
顧客情報記載の書類が所在不明、誤廃棄の可能性 - 広島県信用組合
傘下3行で顧客情報含む帳票約4万件を紛失 - 山口FG
特定日の戸籍証明書交付申請書が所在不明に - 枚方市
追加調査で文書保存箱の紛失や誤廃棄が判明、あわせて5箱に - 静岡市
個人情報含む廃棄文書が運搬中に飛散、回収 - 京丹後市
自治会で市貸与の住民名簿が所在不明に - 福岡市