Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報含む伝票綴り39冊が所在不明に - 京都中央信金

京都中央信用金庫は、白梅町支店において、顧客情報が記載された一部伝票綴りの所在がわからなくなっていることを明らかにした。

同金庫によれば、6月14日に同支店において書類の整理作業を行っていた際、伝票綴りを収納した段ボール箱1箱を紛失していることが判明したもの。

問題の段ボール箱には、2021年4月1日から5月31日にかけて扱った入出金伝票や為替伝票などをまとめた綴り39冊が入っていた。3757件の取り引きが記録されており、個人の顧客1255件と法人顧客322件に関する名義、住所、電話番号、生年月日、口座番号、取引金額などが記載されている。

同金庫では、店舗の移転準備作業を行った際、廃棄する段ボール箱とともに誤って溶解処分した可能性が高いと説明。不正利用などの問い合わせなどは寄せられていないとしている。

(Security NEXT - 2022/07/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

宮城労働局で相談事案ファイルを一時紛失 - 廃棄準備中に盗難か
解約元帳やローン借入申込書など誤廃棄の可能性 - コザ信金
家庭訪問の事前連絡票を誤送付、コピペミスで異なる宛先に - 江戸川区
犬飼育者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 朝日町
交付前のマイナンバーカード2件が所在不明に - 四條畷市
睡眠預金関連の帳票2692件を紛失、2支店で - 関西みらい銀
小学校で児童の健康診断書を紛失、誤廃棄か - 名古屋市
21店舗で顧客情報の紛失や誤廃棄が判明 - 福岡ひびき信金
支店で本人確認書類が所在不明に - 北海道労金
交付前のマイナンバーカードが所在不明に - 四街道市