Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

VMware、「ESXi」や「vCenter Server」の脆弱性を修正

VMwareは、セキュリティアドバイザリ3件をリリースし、複数製品に明らかとなった脆弱性を解消した。

「VMware ESXi」では、リターンスタックバッファアンダーフローの脆弱性「CVE-2022-29901」「CVE-2022-28693」や、AMDに明らかとなった脆弱性「CVE-2022-23816」「CVE-2022-23825」に対処した。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアをいずれも「5.6」と評価している。

また「VMware vCenter Server」では、「サーバサイドリクエストフォージェリ(SSRF)」の脆弱性「CVE-2022-22982」が明らかとなった。CVSS基本値は「5.3」。同社はこれら5件の脆弱性について、重要度を4段階中、上から3番目にあたる「中(Moderate)」とレーティングしている。

さらに「VMware vRealize Log Insight」では、クロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「CVE-2022-31654」「CVE-2022-31655」が判明。CVSS基本値は「3.9」、重要度は4段階中もっとも低い「低(Low)」とした。

同社では、各製品向けに脆弱性へ対処したアップデートを用意。「VMware vCenter Server」「VMware ESXi」に関する脆弱性の影響を受ける「Cloud Foundation」についても、アップデートの準備を進めている。

(Security NEXT - 2022/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサム攻撃で従業員情報が暗号化、復旧は断念 - 河村電器
教員が帰宅途中に盗難被害、学生情報を盗まれる - 昭和女子大
印字プログラム不具合で書類に別会員の口座情報 - 歯科コンサル会社
メール誤送信で災害ボランティアのメアド流出 - 大阪市
サポート終了も1割強が業務でIE利用 - 35%はEdgeのIEモード
カスペルスキーのVPN製品に権限昇格の脆弱性
「Apache CloudStack」のSAML認証プラグインに深刻な脆弱性
J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
AIによる顔画像取扱時の留意点を解説 - 日本ディープラーニング協会
WDB HDがランサム被害 - メールやファイルサーバで障害