Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

VMware、「ESXi」や「vCenter Server」の脆弱性を修正

VMwareは、セキュリティアドバイザリ3件をリリースし、複数製品に明らかとなった脆弱性を解消した。

「VMware ESXi」では、リターンスタックバッファアンダーフローの脆弱性「CVE-2022-29901」「CVE-2022-28693」や、AMDに明らかとなった脆弱性「CVE-2022-23816」「CVE-2022-23825」に対処した。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアをいずれも「5.6」と評価している。

また「VMware vCenter Server」では、「サーバサイドリクエストフォージェリ(SSRF)」の脆弱性「CVE-2022-22982」が明らかとなった。CVSS基本値は「5.3」。同社はこれら5件の脆弱性について、重要度を4段階中、上から3番目にあたる「中(Moderate)」とレーティングしている。

さらに「VMware vRealize Log Insight」では、クロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「CVE-2022-31654」「CVE-2022-31655」が判明。CVSS基本値は「3.9」、重要度は4段階中もっとも低い「低(Low)」とした。

同社では、各製品向けに脆弱性へ対処したアップデートを用意。「VMware vCenter Server」「VMware ESXi」に関する脆弱性の影響を受ける「Cloud Foundation」についても、アップデートの準備を進めている。

(Security NEXT - 2022/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

番組映像の記録媒体が所在不明に - テレビ大阪
地銀利用者を狙うフィッシング - 今度は「ちばぎん」偽装
ベトナム拠点経由で攻撃、複数子会社とともにランサム被害 - タカミヤ
2022年4Qインシデント件数は減少 - ウェブ改ざんなど減少
Apple、「iOS 12.5.7」を公開 - 悪用済み脆弱性を解消
Apple、アップデート「iOS 16.3」などを公開 - 複数脆弱性を修正
保険福祉関連で2件の誤送信事故 - 群馬県
マルウェア感染でなりすましメールが送信 - 不動産仲介会社
「静岡銀行」装うフィッシング攻撃 - 取引目的の確認などと誘導
「Drupal」のコアやモジュールに脆弱性 - 情報漏洩のおそれ