Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Amazonプライムデー」に便乗、フィッシング攻撃増加 - 関連ドメイン取得の動きも

オンライン通信販売サイト「Amazon」が毎年1度会員向けに開催している特別セール「Amazonプライムデー」が7月12日、13日と目の前に迫るなか、便乗を狙ったフィッシング攻撃の増加が観測されている。

Check Point Software Technologiesによると、7月第1週に観測されたAmazonに関連する1日あたりのフィッシング攻撃件数は、前月から37%増と目立って急増した。

2022年6月に「amazon」の文字列と関連する新規登録されたドメインは、約1900件にのぼり、このうち9.5%については悪意ある、またはその疑いがあるドメインだった。

2021年は、2303件の新規ドメインが発見され、そのうち78%が危険なものだったが、割合が低下した背景には、「amazon」という文字列を完全に含めないようにするなど、検知を避けようとする動きがあるという。

2021年6月に同様のセールが開催された際も、フィッシングメールが前月比86%増、フィッシングURLに関しても前月比16%増となるなど、例年同セールがサイバー犯罪の標的となっており、同社では注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高校説明会の申込者宛メールで誤送信 - 大阪府
研修会の参加募集でメール誤送信、建設業者のメアド流出 - 大阪市
KDDI、通信障害の返金案内を開始 - 便乗フィッシングに注意を
難病研究用データに個人情報、ファイルから削除し忘れ - 厚労省
美容品販売サイトでクレカ情報流出か - 不正利用の可能性
Cisco製セキュリティアプライアンスにRSA秘密鍵漏洩のおそれ
MS、月例パッチで修正した脆弱性の件数を上方修正
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
オンライン会議アプリ「Zoom」のMac版にあらたな脆弱性が判明
Linuxカーネルに「Dirty COW」に類似した脆弱性見つかる