Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

OpenSSLに複数脆弱性 - 対処したアップデートが公開

OpenSSLに複数の脆弱性が明らかとなった。脆弱性を解消したアップデートが提供されている。

開発チームによれば、特定の命令をサポートするx86_64アーキテクチャのCPUにおいて、実装の不備により、2048ビットの秘密鍵の処理で計算中にメモリ破壊が発生する脆弱性「CVE-2022-2274」が判明。

脆弱性を悪用されるとリモートよりコードを実行されるおそれがあり、重要度は4段階中、上から2番目にあたる「高(High)」とレーティングされている。

さらにx86アーキテクチャ向けのAES OCBモードにおいて、AES-NIアセンブリ最適化実装を使用すると特殊なケースでデータが暗号化されない脆弱性「CVE-2022-2097」が明らかとなった。重要度は1段階低い「中(Medium)」と評価されている。

「同3.0.4」については、いずれの脆弱性も存在し、「同1.1.1p」については「CVE-2022-2097」の影響を受ける。

開発チームは、脆弱性に対処した「同3.0.5」「同1.1.1q」をリリースし、利用者にアップデートを呼びかけた。修正プログラムは、これら脆弱性の報告者による協力のもと開発されたという。

(Security NEXT - 2022/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

出光クレジットの会員サイトで情報流出の可能性 - 外部サービスが改ざん
「Google翻訳」悪用したフィッシングが横行 - 誘導先を正規ドメインに偽装
「Apache Hadoop」にコマンドインジェクションの脆弱性
サーバがランサム被害、情報流出の有無は判断つかず - 住和港運
VMware製IDアクセス管理製品の脆弱性を狙うあらたな悪用コードが公開
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正
MSが月例パッチを公開、脆弱性121件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
MS、約2年7カ月を経てゼロデイ脆弱性「Dogwalk」を修正 - すでに悪用も
漁協直売店で「Emotet」感染 - 通販サイトのメールが流出
「かながわ旅割」に参加する旅行業者宛のメールで誤送信 - 神奈川県