Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

研修支援サービスで外部より個人情報へアクセス可能に - リスモン

与信管理や研修サービスなど企業向けクラウドサービスを展開するリスクモンスターは、会員制の従業員研修支援サービス「サイバックスUniv.」において、登録者の個人情報が流出したことを明らかにした。

同社によると、「サイバックスUniv.システム」において、外部より登録者の個人情報を閲覧できる状態となっていたもの。

6月29日15時過ぎに、検索エンジンより個人情報を閲覧できるとの指摘が利用者より寄せられ、同社でも検索エンジンの検索結果に個人情報が表示されることを確認。情報が外部に流出していることが判明した。

サーバ環境を変更した2020年2月16日から、ネットワークの設定を変更して対策を講じた2022年6月29日まで、「サイバックスUniv.システム」に登録された氏名、会社名、部署名を含む約25万人分の個人情報にアクセスできる状態だった。

同社が直近3カ月の状況を調べたところ、Google経由で18件のアクセスが行われていたほか、個人情報5934件をダウンロードした履歴1件が残っていたという。後者については、ダウンロードした関係者がすべてのデータを削除したことを確認済みとしている。

同社では、くわしい原因について調査しており、調査が完了次第、再発防止策を講じる方針。

(Security NEXT - 2022/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

QNAP、NASのファームウェア更新を呼びかけ - あらたなランサム攻撃を調査中
夏季休暇に向けてセキュリティの再確認を - 盆休み直前の月例パッチにも注意
複数自治体が利用する自治体情報セキュリティクラウドで一時障害
子会社の事務所倉庫で顧客情報含む伝票が所在不明に - 村田機械
従業員の顔画像含む認証機器が所在不明 - システム開発会社
都マンション管理状況届出システムに不正アクセス
厚労省の委託先で「Emotet」感染 - メールなどが端末から流出
「制御システムセキュリティカンファレンス2023」のCFPが開始に
MS、「Microsoft Edge 104.0.1293.47」をリリース - 独自に3件の脆弱性を修正
ランサム攻撃で従業員情報が暗号化、復旧は断念 - 河村電器