Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

保育所利用者の配布書類裏面に別人の個人情報、割込印刷後に誤操作 - 船橋市

流出内容は対象者によって異なるが、保護者の氏名、児童の氏名や生年月日、住所、支給認定区分、保育必要量、保育の必要理由、認定有効期間、利用施設、副食費免除の状況、保育料月額、保育の実施期間、利用の取下げ理由などが記載されていた。

裏面の印刷時に、印刷機の割り込み印刷機能を使用したが、その後操作を誤り、誤印刷が発生。さらに印刷後の抜き取り検査なども行わず、発送してしまったという。

今回の問題を受け、同市では個人情報が流出した4世帯に対し、電話で報告と謝罪を行った。今後は両面印刷を使用し、割り込み印刷機能を使わないほか、抜き取り調査などを徹底するとしている。

(Security NEXT - 2022/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

印字プログラム不具合で書類に別会員の口座情報 - 歯科コンサル会社
県立病院で新生児の写真含むメモリカードを紛失 - 新潟県
攻撃元はパートナー企業、二次流出の痕跡見つからず - キンコーズ
サイバー攻撃で注文情報が消失や流出の可能性 - キンコーズ
配布チラシに生活保護受給者の伝票が混入、共有複合機で - 生駒市
印刷通販サイトの情報流出 - 外部調査であらたな対象者が判明
印刷通販サイトで顧客の個人情報が流出
コロナ療養者の保険証画像を迷惑メール発信者に誤送信 - 広島県
他人領収証を誤送付、寄付急増によるフロー変更でトラブル - 国連UNHCR協会
遺言信託契約者情報を委託先に誤送信 - JA神奈川県信連