Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

グループ海外拠点でランサム被害、情報共有に時間要す - トヨタ紡織

トヨタ紡織は、グループ会社で座席用のシート部材を製造、販売するTBカワシマの海外拠点が、ランサムウェアを用いたと見られるサイバー攻撃を受けたことを明らかにした。詳細を調べている。

同社によれば、タイにあるTBカワシマの販売会社において現地時間6月16日8時半ごろ被害を確認したもの。ファイルサーバ内のファイルが暗号化され、犯行メッセージが残されていた。ランサムウェアの被害に遭い、情報を窃取されたものと見て調査を進めている。

国内ではモニタリングを通じて6月18日にランサムウェア攻撃グループのリークサイト上へ、TBカワシマのURLが投稿されていることを発見。その当時、現地法人は単独で対処にあたっており、情報が共有されていなかったことから日本国内法人ではタイの状況を把握できておらず、投稿内容を踏まえてTBカワシマのグループ会社ウェブサイトを中心に確認作業を進めていた。

同月21日18時半過ぎに被害を受けた現地法人から報告があり、国内法人のTBカワシマやトヨタ紡織では事態を把握。同月16日に現地法人で確認された攻撃とリークサイトにおける書き込みとの因果関係を含め、セキュリティ事業者協力のもと詳細を調べている。

また現地当局へ被害申告の準備を行うとともに、国内の捜査機関や所管官庁へ相談、連携しつつ対応。現地法人において販売などに影響は生じていないという。

あわせて他拠点に関しても影響がないことを確認。トヨタ紡織のグループにおける活動や販売事業についても支障は出ていないとしている。

(Security NEXT - 2022/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバがランサム被害、情報流出の有無は判断つかず - 住和港運
都マンション管理状況届出システムに不正アクセス
教員アカウントが不正アクセス被害 - 埼玉大
事業者向けDIY通販サイトに不正アクセス - サービス開始から約2週間で被害
メタップスP、改善措置の報告書を提出 - 役員人事など発表
職員が上長アカウントに不正アクセス、投書から複数発覚 - 登米市
教員私物PCが「Emotet」感染、不正メール送信の踏み台に - 愛媛大
カタログギフト販売サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出した可能性
アニメ制作会社ショップに不正アクセス - 顧客情報が流出
サンドラッグの複数関連サイトにPWリスト攻撃