Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバにサイバー攻撃、情報流出の痕跡見つからず - 長栄

マンション管理を手がける長栄は、同社サーバがサイバー攻撃を受けたものの、情報流出の痕跡は確認されなかったとする調査結果を取りまとめた。

同社のサーバが、5月10日夜にサイバー攻撃を受けたもので、サーバを停止するとともに、外部事業者をまじえて被害状況について調査を進めていた。

同社では、EDRによるエンドポイントの監視、システムやアプリケーション、ネットワーク、仮想ホストのログ調査、収集データに対するフォレンジック調査、攻撃者が使用したツールおよびマルウェアの解析などを実施したと説明。情報を窃取されたり、外部へ流出した痕跡は確認されなかったとした。

一方、サイバー攻撃の具体的な内容や影響、原因については明らかにしていない。本誌の取材に対して同社は、発表している内容以上のことは話せないとし、コメントを避けた。

同社では今回の攻撃発覚を受けて、EDRによる調査や対応体制の整備、VPN機器のアップデート、多要素認証の活用、内部ネットワークの構成変更などを実施。今後はセキュリティ教育、インシデント発生時の対応フロー策定などを進めるとしている。

(Security NEXT - 2022/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「セゾンNetアンサー」を装うフィッシング攻撃の報告が増加
生活保護受給者の個人情報含む書類を誤送付 - 大阪市
看護関係者向けサイトへのPWリスト攻撃、調査結果が明らかに - 試行回数は6882万件
小売業における端末の盗難対策、3割強 - コストや人材が不足
Cisco製コラボレーションツールに重要度「Critical」の脆弱性
OpenSSLに複数脆弱性 - 対処したアップデートが公開
監査ログ分析管理ツール「ADAudit Plus」、深刻な脆弱性の詳細が明らかに
研修会の案内メールで送信ミス - 神奈川県理学療法士会
提供した資料のマスキング部分が閲覧可能に - 東京都
公文書680件を誤廃棄、大半は審査会意見聴取前に - 三重県