Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

都の電子申請システムで不具合 - 別人の教員選考受験票を表示

東京都教育委員会は、2020年度の教員採用選考において、受験票の一部が別人のものと置き換わっていたことを明らかにした。一部は閲覧やダウンロードが行われたという。

東京都によれば、電子申請システムで申し込みがあった受験者のうち、110人分の受験票データが、本人以外の受験者より閲覧、ダウンロードできる状態だったという。

受験票には、氏名、住所、受験校種、教科、選考区分、受験番号、障害配慮の有無などが記載されている。6月15日に受験者より別の受験者の受験票が表示されたとの指摘があり問題が判明した。

電子申請システムの運用業者が調査を行ったところ、電子申請システムにデータをアップロードした際、不具合により異なる受験者の受験票データが保存されたという。保存時にエラーが発生し、再度保存作業を行ったものの、正しいデータが保存できていなかった。

同日、電子申請システムから受験票データを削除。さらにログを調査したところ、9人の受験者が別の受験者の受験票を閲覧したり、ダウンロードしたことがわかった。

都では対象となる受験者に対し、メールや電話で経緯を説明し、謝罪。誤った受験票にアクセスしていた9人に対しては、データをダウンロードしている場合にはデータを削除するよう求めた。

(Security NEXT - 2022/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校サイト掲載の学級通信に要配慮個人情報 - 豊田市
顧客向け案内メールを「CC」送信 - トヨタツーリスト
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
ファンクラブ入会者情報が流出、フォーム設定ミスで - 鹿島アントラーズ
短大生が職員チャットを無断閲覧、揶揄する内容も - 茨城県
サイクリングイベント申込フォームでミス、個人情報が流出 - 倉敷市
受講システムで受講者の情報閲覧権限に設定ミス - ラック
行政オンラインシステムで個人情報含む書類を誤交付 - 大阪市消防局
県立高教諭が「偽警告」被害、第三者が業務用端末を遠隔操作 - 長野県
メールアカウント3件に不正アクセス、個人情報が流出 - 近大関連会社