Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

都の電子申請システムで不具合 - 別人の教員選考受験票を表示

東京都教育委員会は、2020年度の教員採用選考において、受験票の一部が別人のものと置き換わっていたことを明らかにした。一部は閲覧やダウンロードが行われたという。

東京都によれば、電子申請システムで申し込みがあった受験者のうち、110人分の受験票データが、本人以外の受験者より閲覧、ダウンロードできる状態だったという。

受験票には、氏名、住所、受験校種、教科、選考区分、受験番号、障害配慮の有無などが記載されている。6月15日に受験者より別の受験者の受験票が表示されたとの指摘があり問題が判明した。

電子申請システムの運用業者が調査を行ったところ、電子申請システムにデータをアップロードした際、不具合により異なる受験者の受験票データが保存されたという。保存時にエラーが発生し、再度保存作業を行ったものの、正しいデータが保存できていなかった。

同日、電子申請システムから受験票データを削除。さらにログを調査したところ、9人の受験者が別の受験者の受験票を閲覧したり、ダウンロードしたことがわかった。

都では対象となる受験者に対し、メールや電話で経緯を説明し、謝罪。誤った受験票にアクセスしていた9人に対しては、データをダウンロードしている場合にはデータを削除するよう求めた。

(Security NEXT - 2022/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

都委託先でメール誤送信 - セミナー申込者のメアド流出
案内メールを「CC」送信、メアド流出 - 福島市スポーツ振興公社
メール誤送信で見学会予約者のメアド流出 - NEXCO東日本
マスコミ宛てメールで誤送信、メアドが流出 - 東京都公園協会
保険福祉関連で2件の誤送信事故 - 群馬県
非常災害時用端末を用いて他社顧客情報を閲覧 - 九州電力
大学院入試問題や個人情報が学内クラウドで閲覧可能に - 琉球大学
関西電力に新電力の顧客情報が漏洩 - 経産省が報告求める
アンケートフォームで設定ミス、個人情報が閲覧可能に - 守口市
フォームで他者情報が閲覧可能に、設定流用で繰り返し発生 - 早稲田大