Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

都の電子申請システムで不具合 - 別人の教員選考受験票を表示

東京都教育委員会は、2020年度の教員採用選考において、受験票の一部が別人のものと置き換わっていたことを明らかにした。一部は閲覧やダウンロードが行われたという。

東京都によれば、電子申請システムで申し込みがあった受験者のうち、110人分の受験票データが、本人以外の受験者より閲覧、ダウンロードできる状態だったという。

受験票には、氏名、住所、受験校種、教科、選考区分、受験番号、障害配慮の有無などが記載されている。6月15日に受験者より別の受験者の受験票が表示されたとの指摘があり問題が判明した。

電子申請システムの運用業者が調査を行ったところ、電子申請システムにデータをアップロードした際、不具合により異なる受験者の受験票データが保存されたという。保存時にエラーが発生し、再度保存作業を行ったものの、正しいデータが保存できていなかった。

同日、電子申請システムから受験票データを削除。さらにログを調査したところ、9人の受験者が別の受験者の受験票を閲覧したり、ダウンロードしたことがわかった。

都では対象となる受験者に対し、メールや電話で経緯を説明し、謝罪。誤った受験票にアクセスしていた9人に対しては、データをダウンロードしている場合にはデータを削除するよう求めた。

(Security NEXT - 2022/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

イベント参加者への案内メールでメアドが流出 - 酒田市
中学校で生徒のテスト結果一覧を誤配布 - 柏市
高校で学校説明会の申込者情報が閲覧可能に - 宮城県
採用合格通知1件を誤って17人に送信、別人に送るミスも - Osaka Metro
離婚講座の申込者情報が本人以外から閲覧可能に、設定ミスで - 目黒区
「起業家育成事業」に申し込んだ中学生生徒の個人情報が閲覧可能に - 名古屋市
メール通知サービスで個人情報が閲覧できる脆弱性 - 第一生命
施設指定管理者、イベント案内メールをCC送信 - 三重県
ネット流出の可能性ある個人情報、対象件数を修正 - 沖縄の信販会社
セミナー案内メール誤送信で関係者のメアド流出 - 積水ホームテクノ