Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オンライン会議「Zoom」に複数の脆弱性 - 主催者許可なく参加可能に

オンライン会議サービス「Zoom」において複数の脆弱性が明らかとなった。アップデートが提供されている。

「Zoom Meeting Client」がインストールされていない状態で会議に参加しようとすると、会議の起動ページよりダウンロードされる「Zoom Openerインストーラ」に脆弱性「CVE-2022-22788」が明らかとなったもの。外部からの指摘で明らかとなったという。

意図しないライブラリを読み込み、任意のコードを実行されるおそれがある。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを「7.1」、重要度を「高(High)」とレーティングしている。

脆弱性が存在する旧バージョンのインストーラーを削除し、「起動ミーティング」ページの「今すぐダウンロード」ボタンからの最新版を実行したり、最新のクライアントソフトを利用することで脆弱性の悪用を防げるとしている。

またオンプレミスで利用する「On-Premise Meeting Connectors」では、会議参加者の権限チェックに問題があり、主催者の同意なしに参加が可能となる脆弱性「CVE-2022-28749」が判明した。

同社のセキュリティチームが発見したもので、CVSS基本値は「6.5」と評価されている。同社は最新版を利用するよう利用者に求めている。

(Security NEXT - 2022/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Chrome」に緊急アップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
「Comodo Antivirus」に脆弱性の指摘 - 研究者が公開
Mozilla、最新ブラウザ「Firefox 102」をリリース - 脆弱性19件を修正
HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も