Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Interop Tokyo、6月15日より幕張メッセで開幕 - 今回で第29回目

Interop Tokyo実行委員会は、インターネットの最新テクノロジーが結集するIT総合イベント「Interop Tokyo 2022」を幕張メッセにて6月15日より開催する。

同イベントは、「相互接続性(Interoperability)」をテーマとして1994年にスタート。最新のインターネットテクノロジーに関する情報を発信しており、今回で29回目を迎えた。今回のテーマは「インターネットによる、人々のための革新と信頼」。

2021年に引き続きハイブリッドイベントで、6月15日から17日までを「フェーズ01」として幕張メッセにてリアルイベントを開催する。

セキュリティ分野を含む最新ネットワーク機器やサービスの展示はもちろん、イベントの目玉でもある「ShowNet」も健在で、数年後に浸透する技術を先駆けて実装した実証環境を体験することが可能。会場展示にくわえて「Interop Tokyoカンファレンス」も予定している。

また「デジタルサイネージ ジャパン2022」「APPS Japan 2022」を併催。翌週6月20日からは、「Interop Tokyo 2022」の「フェーズ02」となるオンライン開催を7月1日まで予定している。詳細や招待券のダウンロードは同イベントのウェブサイトから。

(Security NEXT - 2022/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年度の個人情報漏洩などの報告は6000件弱 - 4件に1件が不正アクセス
Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
サーバに不正アクセス、ポイントカードで障害も - ナフコ
ひな人形の通販サイト、クレカ含む個人情報が流出した可能性
職員3人「Emotet」感染、認証情報窃取されスパム踏み台に - 室蘭工業大
配布チラシに生活保護受給者の伝票が混入、共有複合機で - 生駒市
不正アクセスで顧客の個人情報が流出の可能性 - スマホ買取店
即時口座開設システムで障害、一部本人確認画像など破損 - セブン銀
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に