Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

自治体向けSaaSでデータ消失、最大257団体に影響 - 同期操作のミスで

トラストバンクが自治体向けに提供するフォームサービス「LoGoフォーム」において、住民や申請者などより提出された一部データが消失したことがわかった。作業ミスが原因で、復元できたバックアップは約1カ月前のものだったという。

「LoGoフォーム」は、行政手続きなどに利用するフォームをテンプレートより作成できる公共機関向けのSaaS型サービス。2020年3月より提供されており、4月28日の時点で自治体や準自治体など430団体が採用している。

同社によれば、サーバ構築時の人的なミスにより257団体において、フォームより4月21日22時ごろから5月20日17時半過ぎに提出されたファイルが消失した。

フォームの記入内容はデータベースサーバに格納され、影響はなかったが、画像ファイルやPDFファイルなど、フォーム投稿時に添付され、ファイル保管サーバに保存されていたファイル1万7385件が消失した。

事故発生前に自治体がダウンロードしている場合もあるため、実際の影響は消失件数を下回るとしている。

(Security NEXT - 2022/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウドデータ消失の「ふくいナビ」、バックアップ判明し復旧へ
福井県の中小企業支援サイトで全データ消失 - クラウド契約先が手続ミス
写真クラウドのデータ消失、原因はプログラムミス - キヤノン
キヤノンの写真クラウドサービスで障害 - 画像データ消失
ファーストサーバで長期障害、10日10時の時点では安定稼働 - データ消失や流出は否定
製品の保守点検制度に登録された顧客情報を消失 - リンナイ
Yahoo!メール、8月下旬の障害でメール約258万通が消失 - 約97万IDに影響
重大な不具合を修正した「DocuWorks 8.0.4」を提供開始 - 富士ゼロックス
富士ゼロックス、全ファイル消失のおそれある「DocuWorks 8.0.3」のインストールDVDを回収
富士ゼロックスの「DocuWorks 8.0.3」に深刻な不具合 - 全ファイル消失のおそれ