Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Firefox 101」がリリース - 複数脆弱性を解消

Firefoxの開発チームは、最新版となる「Firefox 101」をリリースした。複数の脆弱性を修正している。

今回のアップデートでは、ビデオ会議において複数マイクの同時利用に対応するなど、ユーザビリティの向上を図ったほか、13件の脆弱性に対処した。重要度がもっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は含まれていない。

次に重要度が高い「高(High)」とされる脆弱性は8件。ヒープバッファオーバーフローの脆弱性やパストラバーサル、メモリ処理の問題などに対処した。さらに「中(Medium)」とされる4件、「低(Low)」とされる1件を修正している。

また脆弱性に対処した延長サポート版「Firefox ESR 91.10」もあわせてリリースした。「Firefox 101」にて修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2022-1919
CVE-2022-31736
CVE-2022-31737
CVE-2022-31738
CVE-2022-31739
CVE-2022-31740
CVE-2022-31741
CVE-2022-31742
CVE-2022-31743
CVE-2022-31744
CVE-2022-31745
CVE-2022-31747
CVE-2022-31748

(Security NEXT - 2022/06/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

職員3人「Emotet」感染、認証情報窃取されスパム踏み台に - 室蘭工業大
配布チラシに生活保護受給者の伝票が混入、共有複合機で - 生駒市
不正アクセスで顧客の個人情報が流出の可能性 - スマホ買取店
即時口座開設システムで障害、一部本人確認画像など破損 - セブン銀
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
2020年度の国内WAF市場、前年度比15.9%増
東京都、若年層向けにSNSトラブル防止動画コンテストを開催
イベント参加者への案内メールでメアドが流出 - 酒田市
宛名と異なる住所へ給付金決定通知書を送付 - 鎌倉市