Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

従業員が退職時に顧客情報を持ち出し、入居者へ挨拶 - 東急コミュニティー

不動産管理会社の東急コミュニティーは、元従業員が退職時に管理物件の住民に関する個人情報を持ち出していたことを明らかにした。

同社によれば、元従業員が2021年9月30日に退職した際、同社が東京都港区の指定管理者となっている区民住宅の入居者14人に関する個人情報を不正に持ち出したもの。

氏名、住所、電話番号が含まれており、元従業員は退職後、これら情報をもとに入居者に挨拶などを行っていた。

2021年12月20日に入居者から匿名で同区に、元従業員から連絡があったとの通報があり問題が発覚。元従業員に確認したところ、入居者の個人情報を持ち出していたことがわかった。

同社では同従業員に対して、退職時に個人情報の重要性について説明し、機密保持に関する誓約書も取り付けていたという。

同社では同日同区へ報告するとともに、翌21日から翌々22日にかけて対象となる入居者へ電話で謝罪。12月28日に警察へ相談した。

また国土交通省や日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)に対しては2022年5月26日に報告を行っている。

(Security NEXT - 2022/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Cisco ISE」の脆弱性、順次パッチ提供 - リリース後は悪用コードが利用可能に
点訳ボランティア宛の案内メールで誤送信 - 堺市の指定管理者
広告業務の委託先で電子媒体を紛失 - 国交省
「配達できない」などとうそ - ヤマト運輸のフィッシングに注意
偽通販サイトの相談倍増 - 「大幅な値引き」に警戒を
2022年4Qのセキュ相談 - 「偽警告」「不正ログイン」関連が増加
狙われる顧客管理ツール「SugarCRM」の脆弱性 - 米政府も注意喚起
「スシロー」のAndroidアプリにパスワード漏洩のおそれ - アップデートを
都委託先でメール誤送信 - セミナー申込者のメアド流出
児童の遅刻欠席情報、職員間のメールを保護者に誤送信 - 八代市