Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

従業員が退職時に顧客情報を持ち出し、入居者へ挨拶 - 東急コミュニティー

不動産管理会社の東急コミュニティーは、元従業員が退職時に管理物件の住民に関する個人情報を持ち出していたことを明らかにした。

同社によれば、元従業員が2021年9月30日に退職した際、同社が東京都港区の指定管理者となっている区民住宅の入居者14人に関する個人情報を不正に持ち出したもの。

氏名、住所、電話番号が含まれており、元従業員は退職後、これら情報をもとに入居者に挨拶などを行っていた。

2021年12月20日に入居者から匿名で同区に、元従業員から連絡があったとの通報があり問題が発覚。元従業員に確認したところ、入居者の個人情報を持ち出していたことがわかった。

同社では同従業員に対して、退職時に個人情報の重要性について説明し、機密保持に関する誓約書も取り付けていたという。

同社では同日同区へ報告するとともに、翌21日から翌々22日にかけて対象となる入居者へ電話で謝罪。12月28日に警察へ相談した。

また国土交通省や日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)に対しては2022年5月26日に報告を行っている。

(Security NEXT - 2022/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ビューカードのオンライン会員サービスで不正ログイン被害
若手国際CTFで日本人含むアジアチームが好成績 - 言葉や準備不足乗り越え奮闘
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
ディスクユニオンで個人情報約70万件流出の可能性 - パスワードなども
カラコン通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出、不正利用された可能性
「Comodo Antivirus」に脆弱性の指摘 - 研究者が公開
Mozilla、最新ブラウザ「Firefox 102」をリリース - 脆弱性19件を修正
保育所利用者の配布書類裏面に別人の個人情報、割込印刷後に誤操作 - 船橋市
問合システムにブラインドSQLi攻撃、メアド流出の可能性 - 名古屋大