Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

県電子納品システムで利用者情報が流出、プログラムミスで - 群馬県

群馬県の「ぐんま電子納品システム」にプログラムミスがあり、登録された事業者情報が外部に流出したことがわかった。

同システムは、同県より業務や工事を受注した事業者が業務の実施や納品にあたって関連データの提出に使用しているが、利用者情報を含むファイルを意図せずダウンロードできる状態となっていたもの。

同システムの運用保守を行っているNECより、5月20日に同県へ報告があったという。プログラムミスが原因で、2月3日から4月20日にかけて同システムの利用者がファイルをダウンロードできる状態となっており、期間中に26人がダウンロードしていた。

ファイルには、事業者3003件のユーザーID、氏名、会社名、メールアドレス、案件を発注した事務所名、送信状態などの情報が含まれる。

同社では5月19日に対策を講じ、ダウンロードの操作を行った26人に対してファイルを削除するよう依頼した。あわせてシステムの登録者に対し、ユーザーIDを変更するよう依頼した。

(Security NEXT - 2022/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IoTセキュリティがテーマのワークショップをハイブリッドで開催 - TCG
2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
ビューカードのオンライン会員サービスで不正ログイン被害
若手国際CTFで日本人含むアジアチームが好成績 - 言葉や準備不足乗り越え奮闘
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
ディスクユニオンで個人情報約70万件流出の可能性 - パスワードなども
カラコン通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出、不正利用された可能性
「Comodo Antivirus」に脆弱性の指摘 - 研究者が公開
Mozilla、最新ブラウザ「Firefox 102」をリリース - 脆弱性19件を修正