Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WordPress向けのテーマやプラグイン「Jupiter」に深刻な脆弱性

コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「WordPress」向けに提供されているテーマ「Jupiter」「JupiterX」や、プラグインの「Jupiter X Core」に影響が大きい深刻な脆弱性が明らかとなった。アップデートにて修正されている。

これらソフトウェアにおいて、複数の脆弱性が明らかとなったもの。DefiantのWordfence脅威インテリジェンスチームが発見し、4月5日に開発元であるArtBeesへ報告した。

「Jupiter」および「JupiterX Core」では、権限の昇格や投稿の削除が可能となる脆弱性「CVE-2022-1654」が判明。

また「JupiterX」「JupiterX Core」には、パストラバーサルやローカルファイルインクルージョンの脆弱性「CVE-2022-1657」や、アクセス制御の不備により、プラグインが無効化されるおそれがある脆弱性「CVE-2022-1656」が含まれる。

くわえて「Jupiter」にプラグインが削除されるおそれがある脆弱性「CVE-2022-1658」や、「JupiterX Core」に情報流出やサービス拒否に陥る脆弱性「CVE-2022-1659」なども明らかとなった。

(Security NEXT - 2022/05/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
「Comodo Antivirus」に脆弱性の指摘 - 研究者が公開
Mozilla、最新ブラウザ「Firefox 102」をリリース - 脆弱性19件を修正
保育所利用者の配布書類裏面に別人の個人情報、割込印刷後に誤操作 - 船橋市
問合システムにブラインドSQLi攻撃、メアド流出の可能性 - 名古屋大
セキュリティ対策に貢献した研究者や実務者に感謝状 - JPCERT/CC
セキュリティ専門家8人やPSIRTに感謝状 - JPCERT/CC
ディスクユニオンで個人情報約70万件流出の可能性 - パスワードなども
中学校で生徒のテスト結果一覧を誤配布 - 柏市
結婚支援事業で会員個人情報を別人に誤送信 - 香川県