Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

若者向け就労支援事業の委託先で「Emotet」感染 - 東京労働局

東京労働局の業務委託先において、マルウェア「Emotet」の感染被害が発生した。なりすましメールが送信されたほか、個人情報が流出した可能性がある。

同局によれば、2021年および2022年度の就労支援事業「地域若者サポートステーション事業」を委託していたワーカーズコープにおいてマルウェア「Emotet」の感染が発生したもの。

3月1日に同事業者の本部職員をかたるなりすましメールを担当職員が開き、感染。翌2日に地域若者サポートステーションの利用者から、同社事業者になりすました不審なメールが届いているとの連絡があり問題が発覚した。

感染端末より、メールアドレスやメール本文に記載されていた氏名、住所、相談記録など1253件をはじめ、あわせて1269件の個人情報が流出した可能性がある。これらには、メールに添付されていた履歴書23件や雇用契約書1件、デスクトップ上の面談記録27件なども含まれる。

また問題の発覚を受け、同事業者は、流出した可能性のあるメールアドレスに対してメールを送信し、謝罪するとともに注意喚起を行ったという。

(Security NEXT - 2022/05/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マルウェア感染でなりすましメールが送信 - 不動産仲介会社
政府、年末年始のセキュリティ対策で注意喚起
業務PCが「Emotet」感染、個人情報が流出 - 保険代理店
年末年始に向けてセキュリティ体制のチェックを
W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
活動再開の「Emotet」、1日あたり約十万件の攻撃メールを配信
個情委への漏洩報告が約3倍に - 医療機関や不正アクセスなどに起因
漁協直売店で「なりすましメール」 - 8月の「Emotet」感染が原因か
和歌山県、県民プール装うメールに注意喚起 - 以前のEmotet感染と関連は不明
約3カ月ぶりに「Emotet」が攻撃再開 - 「信頼できる場所」で警告回避