Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

LINEギフトの誕生日公開、ヘルプ記載と異なる仕様

LINEは、メッセージアプリ「LINE」で繋がっている友人などにギフトを贈れるサービス「LINEギフト」において、誕生日の公開状態がヘルプページの説明と異なる仕様となっていたことを明らかにした。

同社によれば、ヘルプページでは「誕生日の情報は互いが友だち関係の場合にのみ表示される」「ブロックした友だちやLINE VOOMでフォロー、フォロワー関係の相手には誕生日の情報は表示されない」と1月14日より記載していたが、異なるしようとなっていたことが判明したもの。

ユーザーから3月5日に問い合わせがあり調査を行ったところ、4月22日にヘルプページの内容と仕様が異なることが判明した。

実際は、LINEのプロフィールで誕生日を公開設定にしているユーザーの誕生日は、相互に友だちとして登録していない場合やブロックしている場合でも、LINEギフト公式アカウントからの通知や、LINEギフト内の誕生日カレンダーを通じて閲覧できる状態だったという。

同社では問題の判明を受けて、LINEギフト公式アカウントからの通知と、LINEギフト内の誕生日カレンダーの表示を停止。ヘルプページの記載内容を修正した。再開時期は未定だが、今後はヘルプページの記載にあった仕様へ機能を変更する方針。

あわせてヘルプページの記載と仕様が異なる期間に、ブロックした相手や相互友だち関係のない相手に誕生日を閲覧された可能性があるユーザーについて調査をしており、判明次第個別に連絡するとしている。

(Security NEXT - 2022/05/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

会員向けメッセージに送信先リストを誤添付 - 医師向け会員サイト
採用関連情報がネットより閲覧可能、権限設定ミスで - エイチーム
小学校防犯カメラの映像含むHDDレコーダーがオークションに - 横浜市
説明会申込フォーム、他者情報が閲覧できる状態に - 大阪産業局
一部Facebook連携で別人より個人情報が閲覧可能に - アート販売サイト
観光支援のクーポン発行システムで個人情報が閲覧可能に - 栃木県
プレスリリースの誤送信でメアドが流出 - あいな里山公園
講座マッチングサービスで不具合、メアドを誤表示
個人情報含む議事録をサイトで誤公開 - ファンコミュニティ運営会社
「CC」送信でメアド流出、取消処理メールでも - 東京都