Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Cisco NFVIS」に深刻な脆弱性 - ゲストVMよりホスト乗っ取りのおそれ

「CiscoエンタープライズNFVインフラストラクチャソフトウェア(NFVIS)」に深刻な脆弱性が明らかとなった。アップデートが提供されている。

「CVE-2022-20777」をはじめ、3件の脆弱性が明らかとなったもの。それぞれの脆弱性は相互に依存することなく悪用が可能だという。

「CVE-2022-20777」は、同製品が備える入出力「NGIO」に存在する脆弱性。ゲストの仮想マシンよりホストのroot権限を取得され、侵害されるおそれがある。

また入力検証の不備に起因するコマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2022-20779」が判明。細工されたメタデータを持つ仮想マシンイメージをインストールする際、コマンドを挿入され、root権限で実行されるおそれがある。

さらにインポート機能には、XML外部実体参照(XXE)の脆弱性「CVE-2022-20780」が明らかとなった。細工されたファイルをインポートすると、ホスト上のデータをゲストマシンによって窃取されるおそれがある。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは、「CVE-2022-20777」が「9.9」でもっとも高く、「CVE-2022-20779」が「8.8」、「CVE-2022-20780」が「7.4」となっている。

同社は脆弱性の重要度について、「CVE-2022-20777」を「クリティカル(Critical)」、他2件を「高(High)」とレーティング。脆弱性を修正したアップデートをリリースしており、利用者に対応を呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/05/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Tomcat」に脆弱性 - 2月までの更新で修正済み
SonicWallのVPN製品に複数の脆弱性 - アップデートが公開
米政府、「CVE-2022-26925」を緊急対応リストから一時削除 - DCへの影響で
「EC-CUBE」向けプラグイン「簡単ブログ for EC-CUBE4」に脆弱性
トレンド製「スマートホームスキャナー」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘
「BIG-IP」脆弱性に注意 - 実証コード公開済み、探索や悪用も
「Chrome 101.0.4951.64」がリリース - 13件のセキュリティ修正を実施
Adobe、「Framemaker」「InDesign」など5製品でセキュリティ更新
2021年に悪用多かった脆弱性トップ15 - 首位は「Log4Shell」、VPNも引き続き標的に