Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Firefox 100」が公開 - 機能強化や脆弱性修正を実施

Mozilla Foundationは、最新版ブラウザ「Firefox 100」をリリースした。延長サポート版についてもアップデートも実施しており、複数の脆弱性を解消している。

今回のアップデートでは、ピクチャーインピクチャー表示における字幕のサポートや、複数言語におけるスペルチェック機能を追加。プライバシー対策として制限の少ないリファラーポリシーの設定を無視するよう変更が加えられた。

また脆弱性9件を修正。重要度が4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は含まれていない。

重要度が2番目に高い「高(High)」とされる脆弱性は6件。「iframe」のサンドボックスをバイパスされるおそれがある「CVE-2022-29911」をはじめ、通知なしにフルスクリーン表示される「CVE-2022-29914」や、パーミッションをバイパスされる「CVE-2022-29909」、履歴が漏洩するおそれがある「CVE-2022-29916」などを修正。

さらにメモリに関する脆弱性などへ対処したほか、「中(Moderate)」とされる脆弱性2件、「低(Low)」1件を修正している。

あわせて延長サポート版となる「Firefox ESR 91.9」をリリース。「高(High)」とされる5件、「低(Low)」1件のあわせて脆弱性6件を解消した。「Firefox 100」にて修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2022-29909
CVE-2022-29910
CVE-2022-29911
CVE-2022-29912
CVE-2022-29914
CVE-2022-29915
CVE-2022-29916
CVE-2022-29917
CVE-2022-29918

(Security NEXT - 2022/05/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「EC-CUBE」向けプラグイン「簡単ブログ for EC-CUBE4」に脆弱性
トレンド製「スマートホームスキャナー」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘
「BIG-IP」脆弱性に注意 - 実証コード公開済み、探索や悪用も
「Chrome 101.0.4951.64」がリリース - 13件のセキュリティ修正を実施
Adobe、「Framemaker」「InDesign」など5製品でセキュリティ更新
2021年に悪用多かった脆弱性トップ15 - 首位は「Log4Shell」、VPNも引き続き標的に
MS、5月の月例パッチで脆弱性73件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
「Magnitude Simba」のODBCドライバなどに脆弱性
富士通製のセキュリティ帯域制御製品に深刻な脆弱性