Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Java SE」がアップデートで脆弱性7件を修正 - 「同7」延長サポートは7月に終了

Oracleは、四半期ごとに公開している定例パッチ「クリティカルパッチアップデート(CPU)」にて「Java SE」および「Oracle GraalVM Enterprise Edition」の脆弱性に対処した。

バージョンによって影響を受ける脆弱性は異なるが、今回のアップデートでは7件の脆弱性に対応。共通脆弱性評価システム「CVSSv3」においてベーススコアが「7.0」以上とされる脆弱性は3件で、いずれも「7.5」とレーティングされている。

また今回修正された7件については、いずれも認証なしにリモートより悪用されるおそれがあるという。

同社は、脆弱性に対処した「Java SE 18.0.1」「同17.0.3」「同11.0.15」「同8u331」「同7u341」をリリース。利用者へアップデートを呼びかけている。

なお、「Java SE 7」については2022年7月に「延長サポート(Extended Support)」が終了する見込み。以降は「持続サポート(Sustaining Support)」へ移行し、既存アップデートにはアクセスできるものの、脆弱性が発見されても新規のアップデートは提供されなくなるため、他バージョンへの移行を検討する必要がある。

今回のアップデートで修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2022-0778
CVE-2022-21449
CVE-2022-21476
CVE-2022-21426
CVE-2022-21496
CVE-2022-21434
CVE-2022-21443

(Security NEXT - 2022/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

WordPress向けプラグイン「InstaWP Connect」に脆弱性
Windows環境下の複数開発言語に脆弱性「BatBadBut」が判明
「Microsoft Edge」にアップデート - 「Chromium」の脆弱性修正を反映
「PHP」に複数の脆弱性 - セキュリティアップデートで修正
「GitLab」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を解消
「PAN-OS」のアップデートが公開 - 旧版にも順次提供予定
「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - 情報流出やDoS攻撃のおそれ
「PAN-OS」に対するゼロデイ攻撃、国内被害は未確認
「PAN-OS」を狙う「Operation MidnightEclipse」 - 3月下旬より展開
Palo Alto Networksの「PAN-OS」にゼロデイ脆弱性 - パッチを準備中