Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Java SE」がアップデートで脆弱性7件を修正 - 「同7」延長サポートは7月に終了

Oracleは、四半期ごとに公開している定例パッチ「クリティカルパッチアップデート(CPU)」にて「Java SE」および「Oracle GraalVM Enterprise Edition」の脆弱性に対処した。

バージョンによって影響を受ける脆弱性は異なるが、今回のアップデートでは7件の脆弱性に対応。共通脆弱性評価システム「CVSSv3」においてベーススコアが「7.0」以上とされる脆弱性は3件で、いずれも「7.5」とレーティングされている。

また今回修正された7件については、いずれも認証なしにリモートより悪用されるおそれがあるという。

同社は、脆弱性に対処した「Java SE 18.0.1」「同17.0.3」「同11.0.15」「同8u331」「同7u341」をリリース。利用者へアップデートを呼びかけている。

なお、「Java SE 7」については2022年7月に「延長サポート(Extended Support)」が終了する見込み。以降は「持続サポート(Sustaining Support)」へ移行し、既存アップデートにはアクセスできるものの、脆弱性が発見されても新規のアップデートは提供されなくなるため、他バージョンへの移行を検討する必要がある。

今回のアップデートで修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2022-0778
CVE-2022-21449
CVE-2022-21476
CVE-2022-21426
CVE-2022-21496
CVE-2022-21434
CVE-2022-21443

(Security NEXT - 2022/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

狙われる顧客管理ツール「SugarCRM」の脆弱性 - 米政府も注意喚起
「Cisco ISE」の脆弱性、順次パッチ提供 - リリース後は悪用コードが利用可能に
「スシロー」のAndroidアプリにパスワード漏洩のおそれ - アップデートを
「VMware vROps」にCSRFの脆弱性 - アップデートが公開
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - パッチで修正
脆弱性スキャナ「Nessus」にセキュリティアップデート
「VMware vRealize Log Insight」の深刻な脆弱性、PoCが公開
コンテナ管理プラットフォーム「Rancher」に深刻な脆弱性
macOS向けアップデート - 複数脆弱性を修正
狙われる「Telerik UI for ASP.NET AJAX」の既知脆弱性