Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Oracle、四半期パッチをリリース - のべ520件の脆弱性に対応

Oracleは、四半期ごとに公開している「クリティカルパッチアップデート(CPU)」をリリースした。

今回のアップデートは、のべ520件の脆弱性に対処したもので、重複を除くとCVEベースで221件の脆弱性が明らかとなっている。

対象となる製品は「Oracle Database Server」や「Java SE」「MySQL」をはじめ、「Oracle Fusion Middleware」「Oracle PeopleSoft」「Oracle Enterprise Manager」「Oracle Commerce」「Oracle Communications」「Oracle E-Business Suite」「Oracle Secure Backup」のほか、多数製品向けにパッチを用意した。

のべ520件について共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを見ると、217件が「7.0」以上と評価されている。このうち77件は「9.0」以上であり、3件については最高値の「10」、他70件についても「9.8」と高い。

また脆弱性によって影響は異なるものの、300件については、リモートより認証なしに悪用が可能だとしている。

(Security NEXT - 2022/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘
米政府、「CVE-2022-26925」を緊急対応リストから一時削除 - DCへの影響で
Apple、「iOS 15.5」「iPadOS 15.5」をリリース - 脆弱性34件を修正
米政府、VMwareのID管理製品脆弱性で緊急指令 - 侵害確認とパッチ適用求める
F5製「BIG-IP」脆弱性、悪用容易 - 侵害有無の確認を
WordPress向けのテーマやプラグイン「Jupiter」に深刻な脆弱性
「BIND」の「DNS over HTTPS」に脆弱性 - DoS攻撃のおそれ
楽天モバイルのフェムトセルに複数の脆弱性
VMware製IDアクセス管理製品に重要度「クリティカル」の脆弱性 - 認証回避のおそれ
Apple、「macOS」のアップデートを公開 - 多数脆弱性を解消