Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Oracle、四半期パッチをリリース - のべ520件の脆弱性に対応

Oracleは、四半期ごとに公開している「クリティカルパッチアップデート(CPU)」をリリースした。

今回のアップデートは、のべ520件の脆弱性に対処したもので、重複を除くとCVEベースで221件の脆弱性が明らかとなっている。

対象となる製品は「Oracle Database Server」や「Java SE」「MySQL」をはじめ、「Oracle Fusion Middleware」「Oracle PeopleSoft」「Oracle Enterprise Manager」「Oracle Commerce」「Oracle Communications」「Oracle E-Business Suite」「Oracle Secure Backup」のほか、多数製品向けにパッチを用意した。

のべ520件について共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを見ると、217件が「7.0」以上と評価されている。このうち77件は「9.0」以上であり、3件については最高値の「10」、他70件についても「9.8」と高い。

また脆弱性によって影響は異なるものの、300件については、リモートより認証なしに悪用が可能だとしている。

(Security NEXT - 2022/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「PAN-OS」に対するゼロデイ攻撃、国内被害は未確認
「PAN-OS」を狙う「Operation MidnightEclipse」 - 3月下旬より展開
Palo Alto Networksの「PAN-OS」にゼロデイ脆弱性 - パッチを準備中
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 複数製品の脆弱性を修正
「Rust」によるWindowsバッチ処理に脆弱性 - アップデートが公開
Juniper Networks、セキュリティアドバイザリ36件を公開 - 「クリティカル」も
「PAN-OS」に関する脆弱性7件を修正 - Palo Alto Networks
「OpenSSL」にサービス拒否の脆弱性 - 次期更新で修正予定
「Node.js」にコマンドインジェクションの脆弱性 - Windows環境に影響
「Chrome」に3件の脆弱性 - アップデートが公開