Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバ上の顧客情報が削除される、流出の可能性も - エディオン

家電量販店大手のエディオンは、業務を委託する同社グループ会社がサイバー攻撃を受け、サーバよりデータを削除され、外部に流出した可能性があることを明らかにした。

同社によれば、業務を委託している孫会社のHampsteadが4月8日にサイバー攻撃を受けたもの。同日12時ごろ同社より報告があった。

攻撃を受けたのは、一部稼働を開始したばかりのあらたな配送管理システムを管理するサーバ。氏名、住所、電話番号などエアコンの配送設置情報7万3540件のデータや荷物の受け取り時のサイン画像3563件、写真553件をサーバ上より削除された。またこれらデータが外部に流出した可能性もあるという。

データが削除された経緯や原因などについては調査中としている。同社では4月11日に個人情報保護委員会へ報告するとともに、警察へ被害を届けた。対象となる顧客に対しても経緯の説明や謝罪を行う方針。

攻撃を受けたのは同社基幹システムとは異なるシステムで、データが消去されたことによる業務への影響については否定した。また今回攻撃が確認されたサーバ以外に、同社やグループで同様の被害は確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2022/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

案内メールを「CC」送信、メアド流出 - 福島市スポーツ振興公社
調査受注者が貸与された個人情報含む資料を紛失 - 国交省
情セ大、「情報セキュリティ文化賞」の受賞者4名を発表
尼崎市、スマホ紛失の虚偽報告で懲戒処分 - 「USB紛失事案が頭をよぎり」
コンテナ管理プラットフォーム「Rancher」に深刻な脆弱性
macOS向けアップデート - 複数脆弱性を修正
委託先にサイバー攻撃、顧客などへ脅迫メール届く - 北関東マツダ
様式と誤って個人情報含むファイルをメール送信 - 嘉手納町
調達業務の見積依頼で、受信者間にメアド流出 - 日本国際協力システム
多数システムでランサム被害、復旧や事業継続に追われる - ならコープ