Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

廃棄簿冊目録や寄付関連書類など歴史公文書23冊が所在不明 - 大阪市

大阪市は、複数の環境事業センターで保管する歴史公文書にあたる帳簿が所在不明になっていることを明らかにした。

同市によれば、環境事業センター7カ所において廃棄簿冊目録22冊や寄付収受関係書類1冊のほか、帳簿として保存すべき簿冊の廃棄に関する決裁文書1件の所在がわからなくなっていることが明らかとなったもの。

寄付収受関係を記録した1冊については、寄付申出者の氏名など個人情報を含む文書が保存されていたという。

歴史公文書となる文書について公文書館への引き継ぎを行う際、複数の環境事業センターで保管されているべき帳簿が見当たらなかったことから、2021年4月より保存状況を調査したところ判明した。

各センター内を探索するも発見できず、いずれも外部に持ち出す文書ではないとして、誤って廃棄した可能性が高いと説明している。

(Security NEXT - 2022/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウド環境などでログ収集に活用される「Fluent Bit」に脆弱性
WordPressよりスマホアプリを構築するプラグインに脆弱性
生徒の個人情報含む医療費支払請求書類が所在不明 - 東京都
美容室向け通販サイトに不正アクセス、個人情報流出の可能性
無許可の患者情報持ち出し、サポート詐欺被害から発覚 - 近大病院
悪用脆弱性リストに医療データ連携ソフト関連など2件が登録 - 今月5度目の追加
個人情報含む添付書類を紛失 - 瑞浪市消防本部
関係者の個人情報含むファイルをメールに誤添付 - 日本学術振興会
戸籍謄抄本等交付申請書を紛失、保存箱に誤った廃棄時期ラベル - 神戸市
ルータやブラウザなど悪用済み脆弱性3件に注意喚起 - 米当局