Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

廃棄簿冊目録や寄付関連書類など歴史公文書23冊が所在不明 - 大阪市

大阪市は、複数の環境事業センターで保管する歴史公文書にあたる帳簿が所在不明になっていることを明らかにした。

同市によれば、環境事業センター7カ所において廃棄簿冊目録22冊や寄付収受関係書類1冊のほか、帳簿として保存すべき簿冊の廃棄に関する決裁文書1件の所在がわからなくなっていることが明らかとなったもの。

寄付収受関係を記録した1冊については、寄付申出者の氏名など個人情報を含む文書が保存されていたという。

歴史公文書となる文書について公文書館への引き継ぎを行う際、複数の環境事業センターで保管されているべき帳簿が見当たらなかったことから、2021年4月より保存状況を調査したところ判明した。

各センター内を探索するも発見できず、いずれも外部に持ち出す文書ではないとして、誤って廃棄した可能性が高いと説明している。

(Security NEXT - 2022/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

12月のDDoS攻撃件数は増加、最大規模も拡大 - IIJ調査
「JNSA賞」2名が受賞 - 3団体に特別賞
脆弱性DB「JVN iPedia」の4Q登録数 - 前四半期から減少
欧米当局、ランサム「Hive」を解体 - 捜査官が攻撃インフラに侵入
住基ネットの個人情報漏洩で職員を懲戒免職 - 杉並区
案内メールを「CC」送信、メアド流出 - 福島市スポーツ振興公社
調査受注者が貸与された個人情報含む資料を紛失 - 国交省
情セ大、「情報セキュリティ文化賞」の受賞者4名を発表
尼崎市、スマホ紛失の虚偽報告で懲戒処分 - 「USB紛失事案が頭をよぎり」
コンテナ管理プラットフォーム「Rancher」に深刻な脆弱性