Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

廃棄簿冊目録や寄付関連書類など歴史公文書23冊が所在不明 - 大阪市

大阪市は、複数の環境事業センターで保管する歴史公文書にあたる帳簿が所在不明になっていることを明らかにした。

同市によれば、環境事業センター7カ所において廃棄簿冊目録22冊や寄付収受関係書類1冊のほか、帳簿として保存すべき簿冊の廃棄に関する決裁文書1件の所在がわからなくなっていることが明らかとなったもの。

寄付収受関係を記録した1冊については、寄付申出者の氏名など個人情報を含む文書が保存されていたという。

歴史公文書となる文書について公文書館への引き継ぎを行う際、複数の環境事業センターで保管されているべき帳簿が見当たらなかったことから、2021年4月より保存状況を調査したところ判明した。

各センター内を探索するも発見できず、いずれも外部に持ち出す文書ではないとして、誤って廃棄した可能性が高いと説明している。

(Security NEXT - 2022/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信で委託先担当者のメアド流出 - 東京都
かんぽ生命を装う偽メールやSMSに注意
「Apache Tomcat」のクラスタリング運用に注意 - 必要に応じて対策を
「EC-CUBE」向けプラグイン「簡単ブログ for EC-CUBE4」に脆弱性
トレンド製「スマートホームスキャナー」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
説明会申込フォーム、他者情報が閲覧できる状態に - 大阪産業局
Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘
一部Facebook連携で別人より個人情報が閲覧可能に - アート販売サイト
メール誤送信、住民のメールアドレスが流出 - 佐那河内村
メールで個人情報含む表計算ファイルを誤送信 - 東京都レクリエーション協会