Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Fortinet、「OpenSSL」脆弱性判明受けてアップデート - 「Spring4Shell」の影響は調査中

Fortinetは、「OpenSSL」にサービス拒否の脆弱性「CVE-2022-0778」が明らかとなった問題を受け、同社製品向けにアップデートをリリースした。

「OpenSSL」において無限ループが生じ、サービス拒否に陥る「CVE-2022-0778」の脆弱性が3月に公開され、「同3.0.2」「同1.1.1n」「同1.0.2zd」がリリースされたことを受け、同ソフトウェアを実装する同社製品においてアップデートを実施したもの。

同社製品の基本ソフトウェアである「FortiOS」をはじめ、「FortiManager」「FortiAuthenticator」「FortiAnalyzer」「FortiDeceptor」「FortiMail」「FortiRecorder」「FortiProxy」「FortiSwitch」「FortiWeb」などに影響があり、同社ではアップデートを用意した。また26製品に関しては脆弱性の影響を調査中としている。

また「Spring Framework」に別名「Spring4Shell」としても知られる「CVE-2022-22965」や、「Spring Cloud Function」に「CVE-2022-22963」が明らかとなった問題で、一部製品において影響を調査中であることを明らかにした。

調査対象となるのは、「FortiCASB」「FortiEDR」「FortiSOAR」の3製品。「FortiOS」や「FortiManager」「FortiAnalyzer」など44製品に関してはこれら脆弱性の影響を受けないことを確認したという。

(Security NEXT - 2022/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

TP-Link製の一部ルータに深刻な脆弱性 - アップデート未提供
Oracle、「Java SE」や「Oracle GraalVM Enterprise Edition」の脆弱性を修正
「ManageEngine」の脆弱性、悪用が発生 - 侵害の有無についても確認を
オープンソースの仮想スイッチ「Open vSwitch」に複数脆弱性
Cisco製の小規模向け一部ルータに脆弱性、PoCも - EOLで修正予定なし
NVIDIA製メタバースツールキットに脆弱性 - アップデートで修正
「Apache HTTPD」にアップデート - 脆弱性3件を修正
Oracleが定例アップデート公開 -のべ327件の脆弱性を修正
「Firefox 109」、脆弱性10件を修正 - セキュリティ強化も
脆弱性8件を解消した「Firefox 108」がリリースに