Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Zyxel製セキュリティ製品に深刻な脆弱性 - 機器の制御奪われるおそれ

Zyxel Networksのセキュリティ製品に深刻な脆弱性が明らかとなった。同社はパッチを適用するよう利用者へ呼びかけている。

同社製品が搭載するファイアウォールのCGIプログラムにおいて、認証のバイパスが可能となる脆弱性「CVE-2022-0342」が明らかとなったもの。リモートより脆弱性の悪用が可能で、機器の管理権限を奪われるおそれがある。

ファイアウォール製品「ZyWALL ATPシリーズ」「Zyxel USG FLEXシリーズ」「Zyxel ATPシリーズ」をはじめ、セキュリティゲートウェイ「Zyxel NSGシリーズ」、VPN製品「ZyXEL VPNシリーズ」などが脆弱性の影響を受けるという。

米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」による共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「9.8」と評価されている。

同社では、「NSGシリーズ」を除いてパッチ「ZLD 5.21」「同Patch 1」「ZLD 4.71」をリリース。「NSGシリーズ」についてはホットフィクスを提供しており、5月にパッチをリリースする予定。

(Security NEXT - 2022/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
「Cisco Crosswork NSO」など複数製品の脆弱性に対応 - Cisco
「Junos OS」に実装される「OpenSSH」の脆弱性について説明 - Juniper
ヘッドレスCMS「Cockpit」に任意のファイルをアップロードできる脆弱性
Fortinet、アドバイザリ18件を公開 - 複数製品の脆弱性に対応