Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「FamiPay」装うフィッシングメール - 「緊急連絡」「本人確認」など件名さまざま

ファミマデジタルワンが展開する決済サービス「FamiPay」を装ったフィッシング攻撃が確認されている。メールや誘導先となるウェブサイトで、IDやパスワードの入力を求めることはないとして、同社は注意を呼びかけている。

20220330_ap_001.jpg
出回っているフィッシングメールの件名。確認されているだけで23件にのぼっている(画像:フィ対協)

「FamiPay」の利用者を狙い、本人の利用であるか確認してほしい取り引きがあるなどとして偽サイトへ誘導し、個人情報をだまし取るフィッシング攻撃が確認されたもの。

「緊急連絡」「本人確認」「支払金額確定」「重要なお知らせ」「支払方法の変更」など、受信者の注意を引こうとさまざまな件名でフィッシングメールを送りつけており、確認されているだけで23種類にのぼっている。

3月30日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、同協議会では閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼した。

ファミマデジタルワンでは、顧客に対してメールや、メールで誘導したウェブサイトでIDやパスワード、暗証番号などを入力するよう求めることは一切ないとして、フィッシングメールへ注意するよう求めている。

(Security NEXT - 2022/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
小学校サイト掲載の学級通信に要配慮個人情報 - 豊田市
「Security Days Spring」、3月に東名阪で順次開催
顧客向け案内メールを「CC」送信 - トヨタツーリスト
県立高校で生徒の個人情報含む出席簿を紛失 - 埼玉県
個人情報含む労働力調査関係書類を紛失 - 群馬県
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
税関の入国者申告データが消失 - アプリ改修作業のエラー対応ミスで
公立保育園のUSBメモリ、車上荒らしで盗難 - 福井市
Ivanti、「外部整合性チェックツールICT」の機能強化版を公開