Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Sophos Firewall」に深刻な脆弱性 - すでに悪用する攻撃も

Sophosによると、すでに南アジア地域において、特定の組織を標的とした攻撃に同脆弱性が悪用されているという。同社は調査を進めるとともに、攻撃を受けた組織に連絡を取っている。

同社は「同19.0 GA」「同18.5 MR4」にて脆弱性を修正。さらに「同19.0 EAP」「同18.5 MR3」「同18.5 MR2」「同18.5 MR1」「同18.0 MR6」「同18.0 MR5(-1)」「同17.5 MR17」「同17.5 MR16」「同17.0 MR10 EAL4+」向けにホットフィクスをリリースした。

すでにサポートが終了している一部バージョンに対してもホットフィクスを用意しているが、ホットフィクスが提供されていないバージョンについては、アップグレードを行う必要があるという。

修正プログラムは、デフォルトで有効となっている自動インストール機能を通じて配信しており、設定を変更していなければ特に作業は不要だとしている。

また脆弱性の影響を緩和する対策として、ユーザーポータルやウェブ管理画面に対するインターネットからのアクセスを遮断し、VPNや「Sophos Central」を経由で「Sophos Firewall」へアクセスすることを挙げている。

(Security NEXT - 2022/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「「クリティカル」の脆弱性に対処
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開
「OpenSSL」にスクリプトインジェクションの脆弱性 - アップデートが公開
攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア
テキストエディタ「vim」に深刻な脆弱性 - パッチがリリース
SVG形式を変換するNode.jsパッケージに複数の脆弱性
Foxit、複数脆弱性を解消した「Foxit PhantomPDF 10.1.8」を公開