Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Sophos Firewall」に深刻な脆弱性 - すでに悪用する攻撃も

Sophosのセキュリティ対策製品「Sophos Firewall」に深刻な脆弱性が明らかとなった。すでに脆弱性を狙った攻撃も確認されているという。

同製品は、暗号化通信を可視化でき、ディープパケットインスペクションによるISPやマルウェア対策、ウェブアクセスの保護のほか、VPNなどの機能を備えた境界防御製品。

「同18.5 MR3(18.5.3)」および以前のバージョンにおいて、ユーザーポータルやウェブ管理画面の認証をバイパスし、リモートよりコードの実行が可能となる脆弱性「CVE-2022-1040」が明らかになった。

バグバウンティプログラムを通じて外部セキュリティ研究者より報告を受けたもので、同社では同脆弱性の重要度を「クリティカル(Critical)」とレーティングしている。

同社は共通脆弱性評価システム「CVSSv3」のベーススコアを示していないが、米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」では、ベーススコアを「9.8」と評価している。

(Security NEXT - 2022/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Apple、「macOS」のアップデートを公開 - 多数脆弱性を解消
Apple、「iOS 15.5」「iPadOS 15.5」をリリース - 脆弱性34件を修正
「Apache Tomcat」に脆弱性 - 2月までの更新で修正済み
SonicWallのVPN製品に複数の脆弱性 - アップデートが公開
米政府、「CVE-2022-26925」を緊急対応リストから一時削除 - DCへの影響で
「EC-CUBE」向けプラグイン「簡単ブログ for EC-CUBE4」に脆弱性
トレンド製「スマートホームスキャナー」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘
「BIG-IP」脆弱性に注意 - 実証コード公開済み、探索や悪用も
「Chrome 101.0.4951.64」がリリース - 13件のセキュリティ修正を実施