Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Bitdefender」のエンドポイント製品に脆弱性

「Bitdefender」のエンドポイント向けセキュリティ対策製品に脆弱性が明らかとなった。自動アップデートにて修正したという。

「Bitdefender Total Security」「Bitdefender Internet Security」「Bitdefender Antivirus Plus」「Bitdefender Endpoint Security Tools」に権限昇格の脆弱性「CVE-2021-4199」が明らかとなったもの。

同脆弱性はクラッシュ処理のコンポーネントに存在し、脆弱性を悪用されるとローカル環境において「SYSTEM」権限を取得されるおそれがあるという。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「7.8」。

同社は自動アップデートを通じて脆弱性を修正したアップデート「Bitdefender Total Security 26.0.3.29」「Bitdefender Internet Security 26.0.3.29」「Bitdefender Antivirus Plus version 26.0.3.29」「Bitdefender Endpoint Security Tools for Windows version 7.4.3.146」をリリースした。

(Security NEXT - 2022/03/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

狙われる「Telerik UI for ASP.NET AJAX」の既知脆弱性
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
macOS向けアップデート − 複数脆弱性を修正
「Chrome」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
WordPress向けショッピングカートプラグインに脆弱性 - 任意のファイルを閲覧されるおそれ
VMwareのログ管理ツールに複数の深刻なRCE脆弱性
米政府、「ManageEngine」の脆弱性に対する攻撃に注意喚起
「GitHub Enterprise Server 3.7.4」が公開 - Gitの脆弱性に対処
Apple、アップデート「iOS 16.3」などを公開 - 複数脆弱性を修正
「Drupal」のコアやモジュールに脆弱性 - 情報漏洩のおそれ