Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブソースに顧客のメールアドレス - 壽屋

フィギュアやプラモデルの製造、販売を手がける壽屋は、コンテストのウェブサイトにおいて、作品を投稿した顧客のメールアドレスが閲覧できる状態となっていたことを明らかにした。

同社によれば、2018年12月に公開したサイト「ゾディアックカールコンテスト」や、2020年6月に公開したサイト「スティレット×M.S.Gミキシングコンテスト」において、作品を投稿した顧客のメールアドレス320件がソースコードに含まれていたもの。3月13日未明、顧客から指摘があり、翌14日に同社で事実関係を確認した。

同社とサイトの制作を委託している制作会社において、サイト作成のフォーマットが投稿者のメールアドレスを閲覧できる状態にあることを認識しないまま、制作してしまったという。

同社では、対象となる顧客に個別に連絡。個人情報保護委員会へ報告を行った。

(Security NEXT - 2022/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信でキャンペーン参加事業者のメアド流出 - 三重県
点訳ボランティア宛の案内メールで誤送信 - 堺市の指定管理者
都委託先でメール誤送信 - セミナー申込者のメアド流出
再委託先でメール誤送信、CCに無関係のメアド - 東京都
案内メールを「CC」送信、メアド流出 - 福島市スポーツ振興公社
委託先にサイバー攻撃、顧客などへ脅迫メール届く - 北関東マツダ
調達業務の見積依頼で、受信者間にメアド流出 - 日本国際協力システム
多数システムでランサム被害、復旧や事業継続に追われる - ならコープ
メール誤送信で見学会予約者のメアド流出 - NEXCO東日本
業務システムで顧客情報流出の可能性、サイトは再開 - アダストリア