Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京辰巳国際水泳場の指定管理者がマルウェア感染 - 利用者情報が流出か

東京都は、東京辰巳国際水泳場の指定管理者であるオーエンスにおいて、水泳場利用者などの個人情報が流出した可能性があることを明らかにした。

都によれば、同社端末がマルウェアに感染し、内部に保存されていたメール3万6094件が流出した可能性があることが判明したもの。メールアドレス300件のほか、水泳場利用者36人の氏名や電話番号と、水泳場職員18人の氏名や住所などが含まれる。

3月2日に同社従業員のメールアカウントより不正に約1900件のメールが送信されそうになったところをシステムで未然に検知。調査を行ったところ、3月4日に外部事業者から報告があり、マルウェアに感染していた可能性が高いことが明らかとなった。

都では、個人情報が流出した可能性がある水泳場利用者に対し、電話で説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2022/03/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マルウェア感染でなりすましメールが送信 - 不動産仲介会社
職員の複数アカウントに不正アクセス - 奈良県立医科大
業務PCが「Emotet」感染、個人情報が流出 - 保険代理店
2要素認証の除外アカウントに大量の不正ログイン - 熊本県立大
米子会社に不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 東京化成工業
PC3台が「Emotet」に感染、情報流出の可能性 - システム開発会社
マルウェア感染、9分後に遮断するも情報流出の疑い - 小学館集英社プロ
漁協直売店で「Emotet」感染 - 通販サイトのメールが流出
厚労省の委託先で「Emotet」感染 - メールなどが端末から流出
攻撃元はパートナー企業、二次流出の痕跡見つからず - キンコーズ