Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ担当者向けに脆弱性対策のセミナーを開催 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、3月24日にセミナー「脆弱性対策情報の動向と効果的な収集に向けて」をオンラインで開催する。

同セミナーは、組織のCSIRTやシステム管理などに携わるセキュリティ担当者向けに開催するもの。脆弱性の動向をはじめ、米国政府や同機構における取り組みを紹介するほか、脆弱性対策基盤の技術仕様などを紹介する。

Microsoft Teamsを用いたオンライン形式で開催し、参加費は無料。定員は100人で先着順で受け付ける。イベントの詳細や申し込みに関しては同機構のページから。

(Security NEXT - 2022/03/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

取材や講演会依頼装う標的型攻撃 - 「コロナで中止」とつじつま合わせ
政府、年末年始のセキュリティ対策で注意喚起
サイトの脆弱性診断で勝負 - 専門学生向けセキュコンが開催
専門学生対象のセキュリティコンテスト - 課題はサイトの脆弱性調査
年末年始に向けてセキュリティ体制のチェックを
IPA、独政府「産業制御システムの10大脅威」の日本語版を公開 - チェックリストも
JPCERT/CC、「ベストレポーター賞 2022」を発表
政府、アクセス制御製品の研究開発情報を募集
「制御システムセキュリティカンファレンス」の参加者募集がスタート
ビルシステムのセキュリティ対策カタログをリリース - CSSC