Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ担当者向けに脆弱性対策のセミナーを開催 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、3月24日にセミナー「脆弱性対策情報の動向と効果的な収集に向けて」をオンラインで開催する。

同セミナーは、組織のCSIRTやシステム管理などに携わるセキュリティ担当者向けに開催するもの。脆弱性の動向をはじめ、米国政府や同機構における取り組みを紹介するほか、脆弱性対策基盤の技術仕様などを紹介する。

Microsoft Teamsを用いたオンライン形式で開催し、参加費は無料。定員は100人で先着順で受け付ける。イベントの詳細や申し込みに関しては同機構のページから。

(Security NEXT - 2022/03/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

法人向けIoT機器の悪用によるサイバー攻撃防止を啓蒙するサイトを公開 - ICT-ISAC
政府、大型連休における対策徹底呼びかけ
2022年1Qの脆弱性届け出は176件 - ソフトとウェブともに増加
2022年1Qの脆弱性DB登録は3780件 - 5四半期ぶりに減少
2022年1Qのインシデント、前四半期から15.2%減
2021年の不正アクセス認知は1516件 - 前年から約46%減
ドローン向けにサイバーセキュリティガイドライン - 経産省
ソフト全般「脆弱性」対策の必要性、PC利用者で約6割が認知
LINE、賞金総額1万ドルのCTFイベントを開催
ECサイトの情報流出被害、4割で1000万円超 - 責任範囲や技術の理解乏しく