Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Linuxカーネルに権限昇格の脆弱性「Dirty Pipe」 - PoCも公開に

Linuxカーネルにおいて、権限の昇格が可能となる脆弱性「Dirty Pipe」が明らかとなった。2月のアップデートで修正されており、調整を経て3月7日にはエクスプロイトコードも公開されている。

「Linux 5.10」以降において、関数「copy_page_to_iter_pipe」「push_pipe」において正しく初期化を行っておらず、権限の昇格が可能となる脆弱性「CVE-2022-0847」が明らかとなったもの。

読み取り専用の任意のファイルに対してデータを上書きすることができ、root権限でコードを実行されるおそれがある。Max Kellermann氏が発見し、Linuxカーネルのセキュリティチームに報告した。同氏は脆弱性を「Dirty Pipe」と命名している。

同氏によると、アーカイブしたログファイルにおいて破損が続いたことから調査を行っていたところ、脆弱性を発見したという。2016年に発見された別名「Dirty COW」として知られる「CVE-2016-5195」と類似しているが、「Dirty Pipe」の方がより悪用が容易であると指摘している。

米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」による共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「7.8」で、重要度は「高(High)」とレーティングされている。

同脆弱性は、現地時間2月23日にリリースされた「Linux 5.16.11」「同5.15.25」「同5.10.102」にて修正が実施された。3月7日には脆弱性の詳細や「実証コード(PoC)」が公開されている。

(Security NEXT - 2022/03/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
Ivanti、「外部整合性チェックツールICT」の機能強化版を公開
Ivanti製品の侵害、以前のツールでは検証回避のおそれ
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する4件の修正
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施
「VMware Workstation」「Fusion」にセキュリティアップデート