Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Cisco Expressway」「Cisco TelePresence VCS」に複数の深刻な脆弱性

「Cisco Expresswayシリーズ」「Cisco TelePresence Video Communication Server(VCS)」に複数の深刻な脆弱性が明らかとなった。アップデートが提供されている。

両製品において、APIやウェブ管理インタフェースに脆弱性2件が明らかとなったもの。同社のセキュリティテスト中に発見したもので、悪用は確認されていないという。

「CVE-2022-20754」は、APIにおけるディレクトリトラバーサルの脆弱性。コマンド引数の入力検証が不十分なため、任意のファイルを書き込み、root権限でコードを実行されるおそれがある。

また「CVE-2022-20755」は、ウェブ管理インタフェースに存在。コマンド引数の入力検証が不十分であり、細工したコマンドによってrootユーザーとして任意のコードを実行されるおそれがある。

いずれも脆弱性の悪用には、アプリケーションにおいて読み書きの権限が必要だという。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアはともに「9.0」。重要度は4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

回避策はなく、同社では脆弱性を修正した「同14.0.5」へアップデートすることを推奨している。

(Security NEXT - 2022/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

学生の個人情報含む可能性があるUSBメモリを紛失 - 東京都立大
実証事業でメール送信ミス、参加会員のメアド流出 - 野村不動産
サービス終えた「ログ解析サービス」のドメインを第三者が取得 - タグの除去徹底を
「BIND」の「DNS over HTTPS」に脆弱性 - DoS攻撃のおそれ
楽天モバイルのフェムトセルに複数の脆弱性
住信SBIネット銀行の利用者狙うフィッシングに注意
ファイルサーバへのサイバー攻撃、海外子会社経由で - 沖電気
米政府、VMwareのID管理製品脆弱性で緊急指令 - 侵害確認とパッチ適用求める
VMware製IDアクセス管理製品に重要度「クリティカル」の脆弱性 - 認証回避のおそれ
Apple、「macOS」のアップデートを公開 - 多数脆弱性を解消