Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

macOS版「ノートンセキュリティ」にサービス拒否の脆弱性

ノートンライフロックが提供するセキュリティ対策ソフトのmacOS版においてOSがサービス拒否に陥るおそれがある脆弱性が明らかになった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、「ICMPパケット」の処理に問題があり、リモートからの攻撃でOSがサービス拒否に陥る脆弱性が明らかとなったもの。

macOSで動作する「ノートン360」「ノートンセキュリティ」「ノートンインターネットセキュリティ」「ノートンアンチウィルス」が影響を受ける。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「7.1」とレーティングされている。

同脆弱性は、東北インフォメーション・システムズの目黒有輝氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施。脆弱性やバグに対処した「同8.6.6」をLiveUpdate経由で提供している。

(Security NEXT - 2022/03/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「スシロー」のAndroidアプリにパスワード漏洩のおそれ - アップデートを
「VMware vROps」にCSRFの脆弱性 - アップデートが公開
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - パッチで修正
脆弱性スキャナ「Nessus」にセキュリティアップデート
「VMware vRealize Log Insight」の深刻な脆弱性、PoCが公開
コンテナ管理プラットフォーム「Rancher」に深刻な脆弱性
macOS向けアップデート - 複数脆弱性を修正
狙われる「Telerik UI for ASP.NET AJAX」の既知脆弱性
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
「Chrome」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正