Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数の化粧品通販サイトでクレカ情報流出のおそれ

ACROが運営する複数の化粧品通信販売サイトにおいて、顧客のクレジットカード情報やアカウント情報が流出した可能性があることがわかった。

同社によれば、システムの脆弱性を突く不正アクセスにより、決済アプリケーションを改ざんされ、2020年5月21日から2021年8月18日にかけて「THREE公式オンラインショップ」「Amplitude公式オンラインショップ」を利用した顧客情報が流出した可能性があることが判明した。

対象となるのは、クレジットカード決済を利用した「THREE公式オンラインショップ」の顧客8万9295人や、「Amplitude公式オンラインショップ」の顧客1万4649人。

クレジットカードの名義、番号、有効期限、セキュリティコードのほか、会員IDおよびパスワードが流出した可能性がある。

流出を示す証跡は確認されていないとしているが、ログファイルを調査した結果、個人情報が格納されたサーバがアクセスされたことも判明しているという。

(Security NEXT - 2022/02/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ひな人形の通販サイト、クレカ含む個人情報が流出した可能性
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
農業用品メーカーサイトで情報流出 - 診断で異常発見、被害認知に時間要す
ワイシャツのオーダーサイトで個人情報流出の可能性 - 店舗顧客にも影響
「スイーツパラダイス」の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出、不正利用のおそれ
印刷通販サイトの情報流出 - 外部調査であらたな対象者が判明
不正アクセスで顧客のクレカ情報流出の可能性 - 教材販売サイト
和菓子通販サイトでクレカ情報流出 - 悪用された可能性
ほくせんカードの会員サイトにSQLi攻撃 - 顧客情報4.4万件が流出の可能性
ファッションブランド「MACHATT」の通販サイトに不正アクセス