Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、脆弱性を解消した「Microsoft Edge 98.0.1108.50」をリリース

マイクロソフトは、同社ブラウザにおいて脆弱性を修正した最新版「Microsoft Edge 98.0.1108.50」をリリースした。

今回のアップデートは、2月初旬にリリースされ、CVEベースで19件の脆弱性が修正された「Chromium 98.0.4758.80」をベースとしたもの。

同社では現地時間2月3日に「Chromium」による修正にくわえて、「CVE-2022-23262」「CVE-2022-23263」「CVE-2022-23261」を同社独自で修正した「Microsoft Edge 98.0.1108.43」をリリースしているが、今回さらになりすましの脆弱性「CVE-2022-23264」へ対応したアップデートを公開した。

「CVE-2022-23264」は、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」においてベーススコアが「4.7」、脆弱性の重要度はもっとも低い「低(Low)」とレーティングされている。悪用なども確認されていない。

(Security NEXT - 2022/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「「クリティカル」の脆弱性に対処
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開
「OpenSSL」にスクリプトインジェクションの脆弱性 - アップデートが公開
攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア
テキストエディタ「vim」に深刻な脆弱性 - パッチがリリース
SVG形式を変換するNode.jsパッケージに複数の脆弱性
Foxit、複数脆弱性を解消した「Foxit PhantomPDF 10.1.8」を公開