Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エレコム製の複数ルーターに脆弱性 - 開発画面よりコマンド実行が可能に

エレコム製の複数ルーターに脆弱性が明らかとなった。アップデートが呼びかけられている。

「WRH-300WH3」「WRH-300WH3-S」「WRH-300BK3」「WRH-300BK3-S」「WRH-300DR3-S」「WRH-300LB3-S」「WRH-300PN3-S」「WRH-300YG3-S」の8機種において、ドキュメントなどに記載のない「開発画面」が存在。LAN側よりアクセスすることで任意のOSコマンドを実行される脆弱性「CVE-2022-21173」が判明した。

また「WRC-300FEBK-R」では、クロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「CVE-2022-21799」が明らかとなっている。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」のベーススコアを見ると、「CVE-2022-21173」が「8.8」、「CVE-2022-21799」が「5.2」とレーティングされている。

「CVE-2022-21173」は、三井物産セキュアディレクションの米山俊嗣氏、「CVE-2022-21799」はRyotaK氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。

エレコムでは、脆弱性を修正したファームウェアを用意。利用者へアップデートを実施するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/02/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
「Comodo Antivirus」に脆弱性の指摘 - 研究者が公開
Mozilla、最新ブラウザ「Firefox 102」をリリース - 脆弱性19件を修正
HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開