Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Cisco製ルータ「RVシリーズ」に複数の脆弱性 - コード実行など深刻な影響

Cisco Systems製ルータ「Cisco Small Business RVシリーズ」に複数の脆弱性が明らかとなった。深刻な脆弱性も含まれており、同社はアップデートを順次リリースしている。

「RV345シリーズ」「RV340シリーズ」「RV260シリーズ」「RV160シリーズ」に10件の脆弱性が明らかとなったもの。これにくわえて「RV345シリーズ」「RV340シリーズ」では、さらに5件の脆弱性が存在するという。

これら脆弱性を悪用されるとコードやコマンドを実行されたり、権限の昇格、認証のバイパス、サービス拒否などが生じるおそれがある。15件のうち5件は重要度が4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングされており、特に影響が大きい。

「RV345シリーズ」「RV340シリーズ」には、「SSL VPNモジュール」においてリモートからroot権限でコードを実行されるおそれがある脆弱性「CVE-2022-20699」や、認証なしに任意のコマンドが実行可能となるコマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2022-20708」が判明した。

いずれも共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」において、ベーススコアが最高値の「10.0」とレーティングされている。

(Security NEXT - 2022/02/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
「Comodo Antivirus」に脆弱性の指摘 - 研究者が公開
Mozilla、最新ブラウザ「Firefox 102」をリリース - 脆弱性19件を修正
HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開