Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SMB向けのSonicWall製VPN製品、脆弱性未修正機器が多数稼働か

SonicWallのリモートアクセス製品「SonicWall SMA 100シリーズ」の脆弱性を悪用する動きが観測されているが、未修正のまま多くの機器が運用されている可能性がある。同シリーズを導入している場合は、早急にアップデートの状況を確認する必要がある。

問題の脆弱性は、「SonicWall SMA 500v」「同410」「同400」「同210」「同200」で利用するファームウェアに明らかとなった脆弱性。

あわせて8件が明らかとなり、2021年12月よりアップデートが提供されているが、1月に入って実証コード(PoC)を含む詳細が公表され、リモートよりコードを実行されるおそれがある「CVE-2021-20038」については悪用する通信が確認されている。

インターネットに公開されている対象機器の稼働状況をマクニカが調査したところ、グローバルで1万9319台、国内で1609台のサーバが稼働していることを確認した。

(Security NEXT - 2022/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
「Comodo Antivirus」に脆弱性の指摘 - 研究者が公開
Mozilla、最新ブラウザ「Firefox 102」をリリース - 脆弱性19件を修正
HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開