Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

県立校で大学入学共通テストの自己採点結果を誤送信 - 愛知県

愛知県教育委員会は、県立高校の教諭が、生徒が受けた大学入学共通テストの自己採点結果などが含まれるメールを、誤って外部の第三者へ送信するミスがあったことを明らかにした。

同県教委によれば、1月19日13時過ぎ、3年生1クラスの副担任が同クラス42人分の大学入学共通テストの成績に関する情報を誤送信するミスが発生したもの。

流出した個人情報には、生徒の氏名、大学入学共通テストの自己採点結果、自己採点結果に基づいて予備校が算出した各科目の偏差値および志望大学の合格可能性などが含まれる。

校内ネットワークから成績データを取り出し、表計算ファイルにしてメールに添付。指導方針を相談するため、自宅療養中の担任へ送信したところ、誤ったメールアドレスを入力してしまったという。

職務上やむを得なく個人情報をメール送信する際は、暗号化やパスワード設定を講じるセキュリティポリシーとなっていたが、添付したファイルにパスワードは設定されていなかった。

(Security NEXT - 2022/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

実証事業でメール送信ミス、参加会員のメアド流出 - 野村不動産
事務局務める連絡会でメールを誤送信 - 消費者庁
メルマガにほかの受信者の氏名を表示 - 人材派遣会社
メール誤送信で委託先担当者のメアド流出 - 東京都
メール誤送信、住民のメールアドレスが流出 - 佐那河内村
メールで個人情報含む表計算ファイルを誤送信 - 東京都レクリエーション協会
事業者宛のメールを誤送信、メールアドレスが受信者間に流出 - 大阪市
プレスリリースの誤送信でメアドが流出 - あいな里山公園
取引先へのメールに顧客情報を誤添付 - 岐阜のCATV
新型コロナ患者情報を県内全小学校へ誤送信 - 静岡県