Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

県立校で大学入学共通テストの自己採点結果を誤送信 - 愛知県

愛知県教育委員会は、県立高校の教諭が、生徒が受けた大学入学共通テストの自己採点結果などが含まれるメールを、誤って外部の第三者へ送信するミスがあったことを明らかにした。

同県教委によれば、1月19日13時過ぎ、3年生1クラスの副担任が同クラス42人分の大学入学共通テストの成績に関する情報を誤送信するミスが発生したもの。

流出した個人情報には、生徒の氏名、大学入学共通テストの自己採点結果、自己採点結果に基づいて予備校が算出した各科目の偏差値および志望大学の合格可能性などが含まれる。

校内ネットワークから成績データを取り出し、表計算ファイルにしてメールに添付。指導方針を相談するため、自宅療養中の担任へ送信したところ、誤ったメールアドレスを入力してしまったという。

職務上やむを得なく個人情報をメール送信する際は、暗号化やパスワード設定を講じるセキュリティポリシーとなっていたが、添付したファイルにパスワードは設定されていなかった。

(Security NEXT - 2022/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マスコミ宛てメールで誤送信、メアドが流出 - 東京都公園協会
保険福祉関連で2件の誤送信事故 - 群馬県
医療費助成受給者の個人情報含むファイルを他自治体へ誤送信 - 浦添市
メール誤送信でマラソン参加者のメアド流出 - 産経新聞
個人情報含むファイルを第三者へ誤送信 - 東急ウェルネス
特別支援学校のボランティア宛メールで誤送信 - 埼玉県
市立高校で模試の結果データを生徒に誤送信 - 函館市
説明会案内メールを誤送信、参加者のメアド流出 - 国交省
イベント案内メールで誤送信、メアド流出 - 福知山大北近畿機構
講習会参加者のメアド一覧を参加者へ誤送信 - 国交省