Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「個人情報保護ガイドライン」のパブコメ結果で個人情報が流出

個人情報保護委員会が事務局を務めるパブリックコメントの結果公表で、個人情報が流出したことがわかった。

同委員会では、2021年10月29日から11月30日にかけて「個人情報の保護に関する法律についてのガイドライン(行政機関等編)」のパブリックコメント案に対する意見を募集。1月7日13時に結果を公表したところ、PDFファイルに意見を提出した12人の氏名や一部所属先が掲載されていたもの。

削除すべき内容を含んだまま公表用のファイルを誤って作成してしまい、確認にも漏れがあったという。問題のファイルは13時40分まで約40分間にわたり掲載され、その後、個人情報を含まないファイルと差し替えられた。

同委員会は、連絡先を特定できた11人に対して電話で経緯を説明し、謝罪。期間中に対象となるファイルをダウンロードしたり、印刷して保存している場合は削除するよう呼びかけている。

今回の問題を受け、同委員会では今後資料をウェブサイトに公表する場合、公表するファイルは、作業を行うファイルとは区別して取り扱い、複数人での事前確認をあらためて徹底するとしている。

(Security NEXT - 2022/01/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Apple、「macOS」のアップデートを公開 - 多数脆弱性を解消
FRONTEO米子会社にサイバー攻撃 - DC上のデータがランサムウェアの標的に
氏名で検索、別人にワクチン接種券を誤送付 - 茅ヶ崎市
Apple、「iOS 15.5」「iPadOS 15.5」をリリース - 脆弱性34件を修正
電柱敷地所有者の個人情報含む帳票が所在不明 - 中電ネット
信用情報を誤登録、与信判断に影響した可能性 - PayPayカード
小学校防犯カメラの映像含むHDDレコーダーがオークションに - 横浜市
初心者向け「SECCON Beginners CTF 2022」、6月に開催
メルマガにほかの受信者の氏名を表示 - 人材派遣会社
個人情報含む調査関係の名簿原本をコピー機に置き忘れ - 山口県