Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Check Pointのエンドポイントソフトに権限昇格のおそれ

Check Point Software Technologiesが提供する「Check Point Enterprise Endpoint Security Client for Windows」に脆弱性が明らかとなった。アップデートが提供されている。

インストールの修復が行われるディレクトリにアクセスが可能となっており、権限昇格が可能となる脆弱性「CVE-2021-30360」が明らかとなったもの。

攻撃者がインストール修復を実行することで、「Check Point Remote AccessClient」の権限で配置した不正なプログラムを実行することが可能だという。

同社では1月5日に「同E86.20」をリリース。機能の追加やバグの修正などとあわせて同脆弱性を解消した。

(Security NEXT - 2022/01/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「BIND」の「DNS over HTTPS」に脆弱性 - DoS攻撃のおそれ
楽天モバイルのフェムトセルに複数の脆弱性
米政府、VMwareのID管理製品脆弱性で緊急指令 - 侵害確認とパッチ適用求める
VMware製IDアクセス管理製品に重要度「クリティカル」の脆弱性 - 認証回避のおそれ
Apple、「macOS」のアップデートを公開 - 多数脆弱性を解消
「サイボウズGaroon」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
Apple、「iOS 15.5」「iPadOS 15.5」をリリース - 脆弱性34件を修正
「Apache Tomcat」に脆弱性 - 2月までの更新で修正済み
SonicWallのVPN製品に複数の脆弱性 - アップデートが公開
米政府、「CVE-2022-26925」を緊急対応リストから一時削除 - DCへの影響で