Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Samba」に脆弱性、アップデートがリリース

「Samba」の開発チームは、脆弱性1件に対処した「Samba 4.13.16」をリリースした。できる限り早く更新するよう利用者へ呼びかけている。

「SMBv1」「NFS」のシンボリックリンクにおける競合エラーを用いて共有外部にディレクトリを作成されるおそれがある脆弱性「CVE-2021-43566」が判明し、セキュリティリリースを公開したもの。

「SMBv1」が有効な場合や、NFS経由の共有が利用できる場合に影響を受ける。悪用は難しいと見られるが、概念実証コードでは高負荷がかかった環境下において悪用が成功したという。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「2.6」。脆弱性の悪用は確認されていないとしている。

開発チームは脆弱性を解消した「同4.13.16」を提供するとともに、「同4.13.15」向けにパッチを用意。緩和策などもアナウンスし、管理者に対してできるだけ早期に対処するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/01/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Apple、「iOS 12.5.7」を公開 - 悪用済み脆弱性を解消
「情報セキュリティ10大脅威 2023」 - 組織は「ランサム」が引き続き首位
「Chrome」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
WordPress向けショッピングカートプラグインに脆弱性 - 任意のファイルを閲覧されるおそれ
「JSAC2023」参加者登録がスタート - 一部講演内容も明らかに
VMwareのログ管理ツールに複数の深刻なRCE脆弱性
米政府、「ManageEngine」の脆弱性に対する攻撃に注意喚起
「GitHub Enterprise Server 3.7.4」が公開 - Gitの脆弱性に対処
地銀利用者を狙うフィッシング - 今度は「ちばぎん」偽装
2022年4Qインシデント件数は減少 - ウェブ改ざんなど減少