Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Samba」に脆弱性、アップデートがリリース

「Samba」の開発チームは、脆弱性1件に対処した「Samba 4.13.16」をリリースした。できる限り早く更新するよう利用者へ呼びかけている。

「SMBv1」「NFS」のシンボリックリンクにおける競合エラーを用いて共有外部にディレクトリを作成されるおそれがある脆弱性「CVE-2021-43566」が判明し、セキュリティリリースを公開したもの。

「SMBv1」が有効な場合や、NFS経由の共有が利用できる場合に影響を受ける。悪用は難しいと見られるが、概念実証コードでは高負荷がかかった環境下において悪用が成功したという。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「2.6」。脆弱性の悪用は確認されていないとしている。

開発チームは脆弱性を解消した「同4.13.16」を提供するとともに、「同4.13.15」向けにパッチを用意。緩和策などもアナウンスし、管理者に対してできるだけ早期に対処するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/01/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ラベルプリンタ「テプラ」の一部製品に脆弱性 - Wi-Fiの認証情報が漏洩するおそれ
管理機能を強化した個人情報検出ソフト「すみずみ君Advance」
「H2DB」にRCE脆弱性 - 「Log4Shell」と同じく「JNDI」に起因
SAP、月例アドバイザリを公開 - 多数製品で「Log4Shell」に対応
クラウド環境への移行を支援するアドバイザリサービス - イエラエ
「金融犯罪対策コンサルティングサービス」を提供 - ラック
今春に詐欺SMS対策機能を追加、機械学習による判別も - ソフトバンク
ドコモ、スミッシングを拒否設定 - 申込不要で自動設定
HDD紛失を公表、顧客情報が含まれる可能性 - 北海道ガス
預かった保管文書が箱ごと所在不明に - 丸和運輸機関子会社