Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Samba」に脆弱性、アップデートがリリース

「Samba」の開発チームは、脆弱性1件に対処した「Samba 4.13.16」をリリースした。できる限り早く更新するよう利用者へ呼びかけている。

「SMBv1」「NFS」のシンボリックリンクにおける競合エラーを用いて共有外部にディレクトリを作成されるおそれがある脆弱性「CVE-2021-43566」が判明し、セキュリティリリースを公開したもの。

「SMBv1」が有効な場合や、NFS経由の共有が利用できる場合に影響を受ける。悪用は難しいと見られるが、概念実証コードでは高負荷がかかった環境下において悪用が成功したという。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「2.6」。脆弱性の悪用は確認されていないとしている。

開発チームは脆弱性を解消した「同4.13.16」を提供するとともに、「同4.13.15」向けにパッチを用意。緩和策などもアナウンスし、管理者に対してできるだけ早期に対処するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/01/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

案内メールに顧客リストを誤添付して送信 - 写真販売サービス会社
高校教諭がサポート詐欺被害、私用PC内に個人情報 - 広島県
Arubaのアクセス制御製品に複数脆弱性 - アップデートで修正
「WordPress」向けメンバー管理プラグインにSQLi脆弱性
生活保護受給者関連の書類が強風で飛散して紛失 - 墨田区
先週の注目記事(2024年2月25日〜2024年3月2日)
eモータースポーツ大会の複数SNS公式アカウントが乗っ取り被害
「WP eCommerce plugin」に深刻な脆弱性 - パッチは未提供
「Microsoft Edge」にセキュリティアップデート - 脆弱性3件を修正
「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意