Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オンライン会議の「Zoom」、「Apache Log4j」脆弱性の影響を公表

「Apache Log4j」に複数の脆弱性が明らかとなった問題で、ビデオ会議ソフトを展開するZoomは、各製品のクライアントソフトは脆弱性の影響を受けないことを明らかにした。バックエンドには同ソフトを実装しており、更新作業を進めているという。

同社は、脆弱性「CVE-2021-4428」「CVE-2021-45046」「CVE-2021-45105」への対応について最優先事項であるとし、パッチの適用や軽減措置を進めていると述べた。脆弱性を含む「Apache Log4j」については、テスト実施後に最新のバージョンへ更新する。

各製品の具体的なステータスも公表。「Zoom Meetings」「Zoom Events」「Zoom Video Webinars」「OnZoom」「Zoom for Government」「Zoom Phone」「Zoom Rooms」「Zoom for Home」「Zoom Chat」「Zoom Developer Platform APIs & SDKs」のクライアントでは、脆弱性を含む「Apache Log4j」を使用していないという。

一方、同社が運用するこれら製品のバックエンドには脆弱性が存在し、これまで「Apache Log4j」によって推奨された緩和策を適用してきたと説明。「CVE-2021-4428」「CVE-2021-45046」が修正された「Apache Log4j 2.16.0」へ更新するための作業を進めている。ユーザー側の対応は不要。

またサードパーティによるアプリ、サービスのほか、パートナーが提供するデバイスについては、脆弱性の影響について評価中だとしている。

(Security NEXT - 2021/12/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

XMLパーサーのライブラリ「libexpat」に深刻な脆弱性
政府の共通認証サービス「GビズID」に不正アクセス
サーバに不正アクセス、原因を調査中 - 採用コンサル会社
業務用ユニフォームの通信販売サイトに不正アクセス
不正アクセスでECサイト会員のメアドが流出 - 文具画材店
Forcepoint DLPにXXE脆弱性 - 複数製品に影響
開発言語「Go」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
新型コロナ陽性者宛の診断結果メールで誤送信 - 岡山県
保健所職員が結核健診名簿をATMに置き忘れ - 大阪市
Gポイントに不正ログイン - ポイント不正交換も