Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、「iOS 15.2」「iPadOS 15.2」をリリース - 脆弱性42件を修正

Appleは、同社スマートデバイス向けに最新OS「iOS 15.2」「iPadOS 15.2」をリリースした。

今回のアップデートでは、カーネルにおける6件の脆弱性をはじめ、「WebKit」に関する7件の脆弱性、サンドボックスに関する脆弱性3件など、CVEベースであわせて42件の脆弱性に対処した。

そのほか「FaceTime」「設定」のほか、物理的にアクセスできる人物が、保存済みのパスワードに認証不要でアクセスできる可能性があるパスワードマネージャの脆弱性「CVE-2021-30948」など、多岐にわたる修正を実施している。

今回修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2021-30767
CVE-2021-30926
CVE-2021-30927
CVE-2021-30929
CVE-2021-30932
CVE-2021-30934
CVE-2021-30936
CVE-2021-30937
CVE-2021-30939
CVE-2021-30940
CVE-2021-30941
CVE-2021-30942
CVE-2021-30945
CVE-2021-30946
CVE-2021-30947
CVE-2021-30948
CVE-2021-30949
CVE-2021-30951
CVE-2021-30952
CVE-2021-30953
CVE-2021-30954
CVE-2021-30955
CVE-2021-30957
CVE-2021-30958
CVE-2021-30960
CVE-2021-30964
CVE-2021-30966
CVE-2021-30967
CVE-2021-30968
CVE-2021-30971
CVE-2021-30973
CVE-2021-30979
CVE-2021-30980
CVE-2021-30983
CVE-2021-30984
CVE-2021-30985
CVE-2021-30988
CVE-2021-30991
CVE-2021-30992
CVE-2021-30993
CVE-2021-30995
CVE-2021-30996

(Security NEXT - 2021/12/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

狙われる顧客管理ツール「SugarCRM」の脆弱性 - 米政府も注意喚起
「Cisco ISE」の脆弱性、順次パッチ提供 - リリース後は悪用コードが利用可能に
「スシロー」のAndroidアプリにパスワード漏洩のおそれ - アップデートを
「VMware vROps」にCSRFの脆弱性 - アップデートが公開
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - パッチで修正
脆弱性スキャナ「Nessus」にセキュリティアップデート
「VMware vRealize Log Insight」の深刻な脆弱性、PoCが公開
コンテナ管理プラットフォーム「Rancher」に深刻な脆弱性
macOS向けアップデート - 複数脆弱性を修正
狙われる「Telerik UI for ASP.NET AJAX」の既知脆弱性