Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヤマダ通販サイトを装うフィッシング攻撃に注意

フィッシング対策協議会は、家電量販店大手のヤマダ電機を装うフィッシング攻撃の報告を受けているとして注意喚起を行った。

同社が運営するオンライン通販サイト「ヤマダウェブコム」を装うフィッシング攻撃が確認されたもの。

フィッシングメールの本文では、セキュリティのためにシステムを更新したなどと説明。アカウント情報の確認などとして偽サイトに誘導していた。対応しないとアカウントを停止するなどと不安を煽る。

誘導先のフィッシングサイトでは、メールアドレスやパスワードに加えて、氏名、電話番号、住所、生年月日、性別、クレジットカード情報などを入力させようとしていた。

12月15日の時点でフィッシングサイトは閲覧できない状態となっていたが、類似したフィッシング攻撃が展開される可能性があるとして、同協議会では注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

電子マネー「BitCash」の利用者狙うフィッシング - 「残高凍結」と不安煽る
スルガ銀のフィッシングに注意う- 本人確認を求める手口
「GMOクリック証券」を装ったフィッシングに注意
「未払い料金ある」「給水停止予告」とだます偽水道局のメールに注意
日本赤十字社のフィッシングに注意 - 実在する寄付サイトを偽装
りそな銀装うフィッシング - クレカ情報の入力求める
GMOあおぞらネット銀のフィッシング - 「確認しないと利用制限」と不安煽る
みずほ銀行装うフィッシングに注意 - 顧客情報の確認などとだます手口
国税庁を装うスミッシング - 税金の滞納あるとクレカ情報を要求
「Google翻訳」悪用したフィッシングが横行 - 誘導先を正規ドメインに偽装